« 天皇杯■モンテVS三菱水島 | トップページ | んまい、おばんざい「魚の子煮」 »

2006年10月10日 (火)

久々のjazzライヴ

日曜夜、もう何年ぶりになるんだろう?jazzのライヴを堪能してきた。
何に謝っているのかわからないが”ごめんね”Go-men.net というバンド。
1ドリンク1ディッシュ付きで飲みながら食べながら聴けるのは、山形では初めてのことだ、私はね。
で、この料理がまたおいしかった。今度は食事だけでも来ようっと>ここ

さてライブが始まった。
私と一字違いの後藤輝夫氏のサックスが唱う唱う♪
小泉氏のドラムスも絶妙。
これに橋本氏のギター、諸岡氏のハモンドオルガンというカルテット。

実は、ジャズギターとハモンドオルガンを生で聴くのは初めてだった。
どうしても、例えばジム・ホールにしても”こもった”音という印象をもっていた。
が、実際、生で聴いてみると、なんとも暖かく”染みてくる”
まさにgroovyな夜になった。

このところ「敷地内禁煙」という場にいる事が多く、あの酒と煙草の中で聴くjazzは、かえって新鮮で、昔、通ったjazz喫茶の雰囲気を思い出す。

そういえば、山形では、昔は多くの公演がなされたが今はどうなんだろ?
プロの公演の話は最近あまり聞かないような・・・。
前に書いたミルトジャクソン&レイブラウンのライヴに始まり、貞夫さん、そしてなんと言ってもアート・ペッパー!!を山新会館で聴いたのが忘れられない。
芹沢アナが「最後かも知れない・・」とか前振りで笑いを取っていたが、半分冗談でも誰もがそう思っていた。

山形では、なかなかお目にかかれないプロのライヴ。
開催していただいた関係者のみなさんに感謝感謝です。

残念だった事がふたつ(私ごとなんだけど)
先ず、車だったので酒を飲めなかったことが、つくづく残念(泣)
で、夜10時で閉まる所に車を置いてしまったこと。
7時開演だから大丈夫かな?と思っていたんだけど、楽しい時間はあっという間に過ぎるもんで、気がついた時にはもう10時になっていた。
そのため、泣き泣きラストの曲で帰らなければならなかった。。
この後、アンコールなどでもっと盛り上がるんだろうなーと、思いっきり後ろ髪引かれながら階段を下りていったので、転びそうだった。。。

何より、演奏の途中で中座することが、バンドのみなさんに申し訳ない。
一番、後ろに座っていたから未だ場の雰囲気を壊さずにすんだが・・・。

ごめんね>”ごめんね”のみなさん

嬉しいことに来年またやろうという話もあるらしい?
今度は、酒を飲みながらじっくりと楽しむための万全な策を講じたいと思う(笑)

|

« 天皇杯■モンテVS三菱水島 | トップページ | んまい、おばんざい「魚の子煮」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/12224614

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のjazzライヴ:

« 天皇杯■モンテVS三菱水島 | トップページ | んまい、おばんざい「魚の子煮」 »