« 核の脅威とおばんざい | トップページ | 初ロットへの賭け »

2006年10月13日 (金)

見応えあった投手戦

打ち合いも面白いけど、昨夜は息詰まる投手戦に釘付けになった。
パリーグ頂上決戦。
後がないソフトバンクはエース斉藤和巳。
いや凄いピッチャーだった。
博多で待つ王監督のためにもどうしても勝ちたい、そんな思いが1球1球にこめられた投球だった。
8回まで先頭打者をきっちり打ち取り、二塁を踏ませていない。
が、右肩の不安を抱えながら、西武松坂との死闘から中4日、また援護の無い事が微妙に影響したか、最後の最後9回だけ先頭打者を許してしまう。
泣き崩れ、両脇をかかえられないとマウンドを降りられなかった。
女房役のキャッチャー的場も号泣している。

今、負けても平静を装う選手が多い中、その姿は熱く新鮮に映った。
ジャイアンツに一番欠けているものがこれだと思った。

それにしてもファイターズ。
空いた試合日程をもろともせず力を出し切れるのがすごい。
それも、あの金村騒動の激震を乗り越えて、だ。
満員の球場。
まさに新庄が思い願ったとおり、巨人戦よりも、セリーグよりも、そしてメジャーよりも、どこよりも熱い北海道日本ハムファイターズになっていた。

ただ、ひとつだけ注文したい。
胴上げは、ちゃんとしようぜ。。
TVに映りたくて、胴上げに背を向け、センターのTVカメラを向きバンザイジャンプする選手が多すぎ!
みんなそうするから、なかなか胴上げそのものが始まらなかったぞ (ーーメ
新庄がさすがなのはそこだ。
そんな陳腐なトコで目立とうとはせず、胴上げにしっかり参加していた。
やっぱ、違うね。

あ、そうそう、懐かしい顔に会った。
淡口ってば、ファイターズの打撃コーチになってたんだね。
好きだったなー、あの打球の速さ!

さあこれで中日落合監督は古巣とのガチンコ勝負になった。
楽しみはまだ続く♪

|

« 核の脅威とおばんざい | トップページ | 初ロットへの賭け »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

その前に、明日から山形県実業人野球県大会。
初戦は酒田代表と。
優勝するには2日間で4勝しなければなりません!
過去2度準優勝の村山クラブ。
今年こそ村山市代表として優勝してきます!
現役最年長ですが、若々しいプレーで女性ファンを魅了するぞーー♪

投稿: せっぽ | 2006年10月13日 (金) 15時23分

おぉ、いよいよ明日からですか、がむばってね!

>>女性ファンを魅了するぞーー♪

・・・・・・・・

ま、その息や善し(ーー;

てか、そこでひろ○ちゃん笑ってるで・・・。。

そうそう、私も「カートレース参加選手中最年長」だと思う。
お互い、ちょっと無理はしても、無理しすぎないように気をつけようね。
特に、せっぽたんの場合は、腰っ!!

投稿: TERU☆ | 2006年10月13日 (金) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/12264276

この記事へのトラックバック一覧です: 見応えあった投手戦:

« 核の脅威とおばんざい | トップページ | 初ロットへの賭け »