« きましたね、爆弾投下 | トップページ | 山は動くか »

2006年10月19日 (木)

モンテ VS神戸

日曜日、ユースとの練習試合の時、木村の走る姿があった。
この日をどれだけ待っていたことか。
ただ、戻ってくるまで昇格争いに残っていられなかったのが残念でならない。

さて試合は、CB小原の出場停止を受け、どんな采配をするのか、期待半分不安半分、いやどちらかというと不安の方が最近は多く感じているか。。

確かに前回、内山のCBは機能した。
でも、前田はサイドやボランチもできるが、CBと思ってた。
試合や練習では、臼井を上げるための右SBが多い。
でも監督は、前回の実績を重視したのか、CB内山、左SB前田、右SB臼井の布陣を敷く。
これで左サイドはMF宮沢-前田とふたりとも今期途中加入の選手となる。
はたしてこのふたりの組合せで、どれほどの練習ができたのだろうか。

試合は、神戸もCBを欠いて(なのにテルがサブなのは残念。。)お互い様子見をしながらの攻防が続いた。

が、後半14分、神戸3トップの右・朴康造がその山形左サイドを切り裂き、ふたりを置き去りにする。 たまらず中で詰めたものの、これで逆に中が空き、折り返されたマイナスにキャプテン三浦の右足が炸裂した。
GK清水は、目の前の選手が壁になったのか、反応できず。

さらに、これとまったく同じ展開が、ふたたび繰り返される。
また朴が、左サイド前田と宮沢のふたりを切り裂き、三浦へ折り返す。
今度は1点目よりもっとゴールに近く、前に壁も少ない。
「またか・・・」
山形サポの誰もが観念したことだろう。
「きたーっ!!」
ゴール裏、目の前の神戸サポはバンザイの準備をしたことだろう。
が、三浦がまさかのミスキックで、その神戸サポめがけてふかす。
膝カックンとなりコケてケガした神戸サポ・・・ひとりくらいは・・・いないか。。

これが200試合出場となった(おめでと)内山が本来の左SBだったとしても、朴は止められなかったかもしれない。 ファウルももらったことだろう。
しかし2回も同じ突破を許しはしない選手だと思う。

ようやく木村を入れたのは、残り20分くらいになってからだった。
木村は前田と交代ではなく右SBの臼井の位置へ、臼井は下がった左MF宮沢の位置へあげる。前田のフィードに期待して、なおかつDF面は臼井の運動量でまかなおうとの判断か。

再三の追加点のチャンスをものにできない神戸に対し、終盤、勇人の攻撃参加で盛り返す。 失うものは何もない山形に対し、落とせない神戸は、最後、足が止まり加減だった。
ゲームの流れからいっても「おっ、またロスタイムでの同点弾はあるのか?」と期待はふくらむ。

そして、、きたっ!
左から勇人のクロスに木村だっ!!

・・・が、惜しい。。
もうちょっと、ほんのわずか右足が伸ばせずボールはゴールラインを転々としていった。。ケガしてなかったら伸ばせて届いたなー。。

0-1と、絶対的な強さではない神戸だが、負けない強さは間違いなく上。
その場面は、勇人を必ず2人で囲い込む守備、それもFW三浦が戻っていたりと、随所にその強さ、うまさは見受けられた。

これで首位に立った神戸と8位山形。
その差は、小さいようで大きく開いたものだ。。。

|

« きましたね、爆弾投下 | トップページ | 山は動くか »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/12339366

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS神戸:

« きましたね、爆弾投下 | トップページ | 山は動くか »