« 受験:なんてこったぃ | トップページ | 野球のストッキングと涙の三球三振 »

2006年10月26日 (木)

高校履修漏れ つづき

やはり、ぞろぞろと出てきたね。
山形でも12校か。娘の学校名が無いので一安心な訳だが。。

高校の予備校化を嘆く声や、ゆとり教育の弊害だとか、色々とマスコミやコメンテーターは叩いている。
勿論、教師側の不徳は反省しなければならない。虚偽報告に至ってはどんな言い訳も許されないことだ。

ただ、な~んか最近のメディアの報道や発言って、自分は川に入らないで濡れもせず、水辺で川の表面の流れをあーだこーだと言ってるだけなんだよなー。
それどころか、時には流れがよどむと石を投げて波紋を遊んだり、最近では耐震偽装問題でバタバタ流れている人を、見てみないふりまでしている。

特に未だに大学別高校合格者数を掲載する週刊誌の系列メディアは、そんなに学校側を叩けるのか! 学歴偏重社会を糾す資格は無いだろうに。

娘たちの3年生は、新学習指導要領により指導された初期の学年だ。
先生方も総合の時間とか、初めての経験で何をどうすれば良いのかわからないのは当然だ。その指導要領そのものも、舌の根も乾かないうちに”新”が何度もついて変わってきた代物だ。
それに振り回されたあげく、可哀想に、生徒達は何も変わっていないのに、やれ「この学年から学力が落ちてきた」とか「ゆとり教育で生ぬるく育った学年だ」とか散々な言われ方をされてきた。

私に言わせれば「大人達の実験台になってきた学年」である。

最近、森派が町村派に名称が変わったことを喜んだのだが、そのまま二度と森氏は教育面でしゃしゃり出ないで欲しいと思っている。

履修漏れの高校が都市部には無くて、地方に多くあったのは、都市部の高校生の受験勉強が学校ではなく塾がメインになっているからだろう。
娘の高校は、そんな都市部の高校生と対等に試験が受けられるように先生方が一所懸命指導してくれている。それでも世界史のカリキュラムを無くさなかった事がうれしい、ていうかそれが当たり前なんだけど。。

もうひとり可哀想に思うのは「世界史の教師」のことだ。 自分が好きで専攻してきた科目を、いきなり無くされた時の気持ちはどんなんだったろう(^^;)

|

« 受験:なんてこったぃ | トップページ | 野球のストッキングと涙の三球三振 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/12437276

この記事へのトラックバック一覧です: 高校履修漏れ つづき:

« 受験:なんてこったぃ | トップページ | 野球のストッキングと涙の三球三振 »