« ツインが帰・・・ | トップページ | 今日は晴れ晴れカートと »

2006年9月 3日 (日)

モンテ VS札幌 10すくみドロー

山形の「4-4-2」に対し「3-5-2」札幌の戦い。
3バックのサイドの裏を取りたい山形に対して、前線からプレッシャーをかけ中盤の厚さで攻守に上回ろうとする札幌。お互い手は知りつくしている。
どちらが主導権を握るかが勝負に思えた。
開始早々、そのサイド裏に良いボールが出て勇人がチャンスを作る。残念ながら得点には結びつかなかったが、これでアウェイ札幌は西谷を勇人にマッチアップさせ、3バックではなくほとんど4バックに近い形となる。
だがそれでは札幌もトップ下が空いてしまい攻撃の形が作れない。
自分のチームの良さを出し合うのではなく、相手の良さをつぶし合うゲームとなってしまった。

観る人によって、主導権争いが「面白かった」ととるか、隣の人の様に「つまんねー」ととるか分かれるところだ。これまでリスクを犯して攻撃に転じて失点をくらい、同じように試合を落としていった両チームだから仕方ないといえば仕方なかった。。

私はといえば、、、、、面白かったと無理に言いたい気持ちもあるけど、、、これが第2クールまでだったらいいけど、、この時期まだ先を見据えて1点でも失いたくない戦いでよいのか?と、、2週間空く最後の試合、もっと走ってほしかった、、と言うのは、第2,第3クールと続けて23連戦になってしまった選手達に酷だろうか。。

勝った後フォーメーションをいじるのは良くないのは重々承知しているが、満身創痍で90分走れないのをわかっている選手を何人も先発させるのはどうなんだろう?
バックアップ要員は用意してはいるものの、想定外の選手がケガをしてしまい、臼井は最後まで、匠もチームの事を考えギリギリまで我慢せざるを得なかった。

開幕前はもっと厚い選手層と思えていたのは何だったんだろう?
明日(今日)のサテライトで確かめてみなくては。
また先の草津戦みたいにユースを選手を多く必要とするなら、チーム全体として何かが機能していない、ということになる。

|

« ツインが帰・・・ | トップページ | 今日は晴れ晴れカートと »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/11736562

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS札幌 10すくみドロー:

« ツインが帰・・・ | トップページ | 今日は晴れ晴れカートと »