« モンテ VS愛媛 | トップページ | おいらもひらひら・・・ »

2006年9月29日 (金)

遙かなるYS-11

京都から帰る時は、いつも伊丹空港からだった。
高速バスで伊丹に着く。
搭乗手続きと手荷物検査をし、搭乗口へ向かう。

「ゴーーーー」「キィィィーーーーン」

各地へ飛び立つジェット機を横目に、歩く。・・・歩く。

まだまだ歩く。

ひたすら歩く。

もちろん「動く歩道」を歩くのだが、「山形行き」の搭乗口は一番北にあるのだ。

まだ歩く・・・。

もうだいぶ歩いたから、随分山形に近づいた・・・とはさすがに思わないが、
「ゴーーーー」「キィィィーーーーン」の音が「パタパタパタパタ・・・」という音に変わってくる。

ジェットの音から、プロペラの音に変わったのだ。

未だ大阪にいながらにして、この音で初めて「あー、山形へ帰るんだ・・・」と、いつもしみじみするのだった。。

Ys11 YS-11。

ゼロ戦や隼などを設計した日本の技術陣が集結し造り上げた国産機。
乗るとプロペラの音はうるさかったけど、ジェット機と異なりエンジンが故障しても自力で滑空し着陸できると聞き(本当かどうか知らないが)、安心して乗っていた。

外国に売って無くなったと聞いていたが、あまりに良い飛行機なので、買い戻し未だ就航していたらしい。
しかし、いよいよ明日が最終フライトとのこと。

いや、寿命でスクラップしなければならないのではない。
航空法が変わり、設置を義務付ける空中衝突防止装置(TCAS)が、
なんか1億?円くらいかかるため搭載できないからだ。

20数年前、就職の時、帰形する時、彼女に会いに行く時、嫁さんとしてもらいに行く時、結納の時、いつもYS-11に見守られていた。

改めてお疲れ様でした。そしてありがとう>YS-11

そうそう、昔の山形空港は滑走路東側にこじんまりとあった。
初めて山形に降り立った京都の家族が「遊園地みたい・・」と言っていたのを思い出した(^^;

|

« モンテ VS愛媛 | トップページ | おいらもひらひら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/12082533

この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなるYS-11:

« モンテ VS愛媛 | トップページ | おいらもひらひら・・・ »