« 祭りの後・・ | トップページ | 初さんま »

2006年8月25日 (金)

なくなりゆくもの

このところ祭りモードでいっぱいいっぱいでしたが、世の中、バタバタと動いてました。。
その中で、私の”第七感”に響いてきたのは、大・小2つのニュース。

■先ず小さい方からいくと、冥王星のことだ。
「何を今さら・・・」
その学会では相当の議論だったんでしょうけど、伝わってくるのは各国もしくは個人的な好き嫌いなどの思惑つまり「人的パワーゲーム」の感がしてならない。
つきつめればつきつめるほど、その学会内での狭い視野でしか見られなくなってるような気がする。

最初、3つ増えて12にすると聞いて 「何を言ってんだか!」 暗記力が著しく乏しい私は、これ以上面倒かけるな!と憤慨した。
つまり、、両手で数えられない数にすんなっ!!・・と(^^ゞ
(余談だが、同じ意味で、モー娘。はパスせざるを得なかった。。。)

だからといって冥王星を減らして8つにしていいかというとそうじゃない!
この歳では、記憶を臨機応変に変えることはできんわぃw
第一「ゴロ」が良くないじゃない。
水・金・地・火・木、土・天・海・・ん?・カクッ・・みたいな。。
絶対、みんなコケるはずだ。
ほら、今だって、ほおづえがはずれてしまった人もいたでしょ。
階段で、もう一段あると思って踏むとそれが無くて転んだ・・みたいな。。。
捻挫した賠償を国際天文学連合(IAU)が保証してくれるんだったら許す。

てか、3つ増やすのを反対されて、あったまきた人が「フンそうかい、んじゃ冥王星はどーなんだよ!逆に1つ減らすべよ!」みたいに切れた感じがしてならない。ガキか!?
一応、大人のふりして惑星の再定義みたいな議論をしていたようだが、なんかその総会って、そんな大金使って開催する意義があるのか?とまで思ってしまった。

■もうひとつの大きい方のニュースは「タワーレコード」の破綻だ。
「iPod」などによるネット販売とかスーパーの安売りに押されたためということだが、ネット配信が開始された時から心配していたことが現実となった。
ま、銀塩カメラがデジタルに替わったりとか、時代の波に業界が一変されるのを数々みてきた訳だが、いざ現実を突きつけられると、事の無情さを感じてしまう。

高校時代は拓郎で、大学生の時、JAZZにはまった。
バイトした金と食費を削ってつぎ込んだのは、レーシングカートとレコードだった。
私がよく行っていたレコード店は、このタワーレコード進出の影響をモロに被ったのだが、安く買える「直輸入盤」が豊富で、私には「宝島」だった。
マイルスデイビスの10数枚はすべてここで買ったものだし、コルトレーンもそう。山形に帰ってきても上京の度にまとめ買いし、合計すると2百枚くらいは買っただろうか。
少し狭く薄暗い直輸入盤コーナーで、何人か黙々とアルバムを探していた。言葉は交わさなくても同じ趣味をもつ者同士、なんか通じるものがあった。手にとってみているアルバムをみて、好きなジャズマンはこれ、聴いてるのは50年代のもの、とか、無言で自分を主張している感じさえあった。

レコードからCDに変わったのはついこの前と思いきや、すでにCDからネット配信へと、時代は移っていく。

今は火を入れていないカートと、ワイヤーがゆるんで使えないレコードプレーヤー(DD-7)のため埃をかぶっているこれらレコードたちは、いくら邪魔者扱いされても、処分はさせないぞっと・・・。。

んん~、、そんなノスタルジーが呼び水となって、2日目にして祭りの後の寂しさがわいてきたかな・・・(遠い目)

|

« 祭りの後・・ | トップページ | 初さんま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/11599921

この記事へのトラックバック一覧です: なくなりゆくもの:

« 祭りの後・・ | トップページ | 初さんま »