« 「初めての」三題 エピソード2 ハンガリーGP | トップページ | 亀田父バトル »

2006年8月 8日 (火)

「初めての」三題 エピソード3 カート第2戦

「初めての」三題、最後はこれ。

■HRカートレース06 スプリント第2戦

梅雨も明け、真夏の太陽が照りつけた8月6日。
緑深い山々に抱かれた仙台ハイランドだから、幾分しのげる暑さではあるけれど、レースではレッドゾーンを振り切る熱いバトルが展開された。

私の出場する「ビギナークラス」は、12台枠を超える14台ものエントリーがあったものの、結局11台の出走となる。

■タイムトライアル10分:3位

1位の家喜さんが断突トップで、2位以下を0.2秒ほど離している。
その後2位~7位までの、なんと6人が約0.2秒の中にひしめき合うという大混戦となった。

強者揃いのオープン2クラスのトライアルをみてみると、10分まるまる走らず、ピットに入る選手も見られる。なるほど、ダラダラ走らず、集中力を高める意味なのかもしれない。

■予選ヒート10周:変わらず3位

そのままの3位ではない。 スタートで後続のふたりに抜かれて5位に落ちる。。
自分ではそんなに悪いタイミングじゃないと思うんだけどなー。
ホイールスピンもしてないのに、ぜんぜん前に進みましぇん(泣)
やはり20kgのウェイトハンディの大きさはいかんともしがたく、為す術無く彼らを「いってらっしゃーい」みたいな感じで”見送る”。。。
一度トップスピードに乗っちまえば、遜色なく走れるんだけど・・。
そうこうしてる間に、抜き所であり勝負どころでもあるショートカット6コーナーで、トップの2台が絡み、目の前でスピン!
「危なっ!!」左サイドに軽く接触するも、なんとか回避し3位に。
そのままチェッカー。

■決勝ヒート30周:

いよいよ決勝、スタートの日章旗が振り落とされる。
んんーーー、やはりスタートで置いて行かれる・・(泣)
でも今度は後続に抜かれるのだけは阻止できた。
だいたいみんな同じタイムなのだろう。特に前のおふたりは同じチーム同士なのでブロックラインではなくレコードラインで走行しているから、近づきもせず離れもしない。
何つ~の、シューミとマッサの後を走るライコネンみたいな感じ?(笑)

暑ぢぃー・・・。
ちょっと前に詰まってきたので、もう一回気合いを入れ直す。
やっぱ暑ぢぃー・・。。
一瞬のスキを作ってしまうと、あっという間に下位に落ちるから我慢して走る。
たかだか16~7分のカートレースでこれなのだから、2時間近く走るF1ドライバーの凄さを改めて思ったりして。。

周回遅れが出てきたので、そのパッシングで差を詰めようと思うも、強引に行って当たったら意味がないので慎重にパスする。
おっ!縮めたかと思うと、あっ!と離れたり、結局、周回遅れのパスでは前との差をあまり詰めることはできなかった。
逆に、タイム的には一番の家喜さんが徐々に後方から迫ってくる。
うう~、あと何周あるんだろ??さっぱりわかんないどー。
やっぱり今度は誰かにあと何周あるのかピットサインお願いしよ。。
・・等と思いながら走っていたら、ファイナルラップを告げる白旗が振られる。
「神!」と思た。。

てな訳で、決勝ヒートは3位のままチェッカー。
観てる人には波乱も無くつまんなかったかもしれないけど、ヘルメットの中では「暑いし、疲れたし、もうピットに入んない?」という自分の誘惑とも戦っていた私だった(^^ゞ

結果はこちら

20数年ぶりつうか、半世紀!以上ぶり(笑)に、ボディウムに立つ。

Kart02 そして、菅生でも、旧ハイランドのカートレースでも無かった?「初めての!!」シャンパンファイトに参戦。

表彰台常連のオーバインさんやGOKさんから「ようこそオープン2クラスへ」みたいなシャンパンシャワーをいただく。
シャンパン”シャンプー”もしてもらったし、気持ち良いぃー♪

ビギナーで3位入賞すると卒業で、次はオープンクラスという事になる。
68kgを境にクラス分けもあるので、私は当然2クラスだ。
でも、、、2クラスは、第1戦に続き、第2戦でも空を舞うのを観たから、怖いんですけど。。

|

« 「初めての」三題 エピソード2 ハンガリーGP | トップページ | 亀田父バトル »

スポーツカート」カテゴリの記事

コメント

TERU☆さん、カートのスプリントレース、表彰台ゲット!!おめでとうございます。さすがですね。同じチームで一緒に耐久レースを走らせて頂いただけで光栄に思います。もう、ビギナーのクラスには出ることが出来なくなったんですね。あの、雨のレース以来ハイランドには行ってないですが、とても行きたくなってうずうずしています。都合が合うときはまた、一緒に走りましょう。

投稿: pino | 2006年8月 8日 (火) 21時50分

ちょっとPINOさん、ホメ杉(^^;)
かえって、こっ恥ずかしいですから。。

土日どちらか午前の2時間レンタルはお得だから行きましょ。

投稿: TERU☆ | 2006年8月 8日 (火) 22時15分

�s�d�q�tさん�A�X�vリン�gレー�X�Aおつかれさまでした�Iまた3位表彰台おめでとうございます�Bつぎのレー�X�X/�Q�Sの4時間耐�vもよろしくお願いしますね(�V^ー^�V) ところで�gロ�t�Bー以�Oの賞�iをおあげしてなかったっすよね�H すいません�A次いらしたときにお�nししますね☆

投稿: �g�q�U�X | 2006年8月 9日 (水) 16時40分

んとーー。。

�s�d�q�tさん・・・・ひとつずらすと、、teruさん

おぉ、解読できそだ!
今、私の頭の中では、古畑任三郎のテーマが流れています。

何か忘れもの? 魅巣亭さんに?? いや・・

�g�q�U�X ・・・・HRの??さん?

もしかして3位の賞品ってあったとか?
トロフィーとシャンパンだけでも充分うれしかったんですけど。

いや、いただけるものは何でもいただきまーす(^^ゞ

しかし、スプリント1戦目にも書きましたが、あんな12台ものカートをほぼ同じ仕様に仕上げるHRスタッフさん、ホント凄いと思いますよ。
ありがとうございました。

投稿: TERU☆ | 2006年8月 9日 (水) 17時22分

すごく化け化けでしたね、すいません(TT)
賞品ありますので次回いらしたときお渡ししますね☆   次の耐久もよろしくおねがいします

投稿: HR 69 あべ | 2006年8月 9日 (水) 22時37分

トラバ&リンクありがとうございます。
そうそう、69さんに、賞品忘れてない?って聞かれてたんだった。
やはりTERU☆さんでしたか~。
ポイント表更新したので、TBさせて頂きました。
次の耐久も出てくださいね~♪

投稿: GOK | 2006年8月10日 (木) 07時26分

おぉ、見事、推理当たったー☆ 凄くね?>わたし(笑)

ありがとうございます>HR69さん
賞品あるって、そういえば書いてありましたね。
なにせ初めてのことでしたので(^^ゞ
近々、伺います。 あの、おニューのカートも面白いですもんね。
もったいないのでコースアウトできず、攻められませんが(汗)


(「初めての」シリーズ番外編)
初めてトラックバックしたのは、GOKさんとこでした。
これでいいのかなー?と、”ぽちっとな”する時に、ちょと緊張(笑)
これからもよろしくっす。

次の耐久・・・なんか「もてぎ」のイベントと重なってるとか?
私はオケですので、エントリー募ってみますね。

投稿: TERU☆ | 2006年8月10日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/11333778

この記事へのトラックバック一覧です: 「初めての」三題 エピソード3 カート第2戦:

» H◆ポイント表R4 [カゴの中の鳥]
どもGOKです。 2006年 ハイランド爆走王決定戦 ラウンド4 ポイント表更新 [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 07時23分

« 「初めての」三題 エピソード2 ハンガリーGP | トップページ | 亀田父バトル »