« ふたつの疑問 | トップページ | ひどい?すごい?北朝鮮女子サッカー »

2006年7月27日 (木)

モンテ-3 VS鳥栖

いきなり映し出された荒れたピッチに驚く。
高温続きで?枯れた芝は、まるでショートホールのティグラウンドのように、ディポットだらけのボコボコ状態に映った。
つい2日前、2人少ない中を50数分駆け回ったモンテ”ナイン”
鳥栖への長距離移動もあり、それにいつも良い所を消し合う鳥栖戦なので、財前・匠・永井・健ちゃんの中盤でポゼッションを高め、後半勝負にかけた。

山形の今日のFWは祐大朗と根本、控えは原と氏原と4人。
林に明らかな疲れが見えていてもシステムを変えない監督に認めてもらうには、絶好のチャンス・・・のはずなのに、この前線にまったくボールが収まらない。
逆に、奪ってすぐ山形の中盤を飛び越し前線につなげる鳥栖だから、再三危ない場面に陥る。しかしここで追加点を許さなかったのが勝因となるのだからサッカーはおもしろい。

怒りの?祐大朗から氏原への交代を行い、後半に臨む。
前半は疲れと暑さにボーっとして、シュートさえ忘れていた山形だったが、やっと慣れてきたのか、温存していたかのように動き始める。
そして52分、氏原がゴール右、ライン上で競って健ちゃんに戻し、シュート(だと思った)のようなクロスに根本がDFを振り切り、右足で押さえてゴール。

しかしこのあたりから選手達はレッドゾーンを振り切りオーバーヒートしてしまう。
連戦の疲労と暑さ、そして荒れたピッチの中で、思うように動かない身体とプロとしての意地が心のバランスを崩させるのだろう。
一度はバツが出たものの強行復帰した鳥栖の尹選手。2度目のチャージに完全に切れてしまい、内山をノックアウト。で一発レッド?(イエローが出なかったように見えたので2枚目でのレッドではないようにみえたけど)

この時、氏原も、どついてイエローを受けるのだが、その鬱憤を12分後、良い方向に結びつけ、臼井のクロスにダイビングヘッド。
対応した鳥栖選手はミスマッチだったが、この攻勢時に決めた山形と前半追加点の取れなかった鳥栖の差が試合を決めた。

尹選手には気の毒だったが、それを払拭させたのが、倒した臼井への新井選手のケリ。それも2度3度・・・。家元だったら間違いなくレッドの2~3枚は出していただろう。
あの!キャプテン臼井がその後のプレーで、報復とみなされイエローをもらうのだが、新井選手と額をくっつけメンチ切り合いをする程だから、よほど熱かったのだろう、気持ちも頭もピッチも。でも○ンピラみたいなメンチ切りってピッチの上で見たのは初めてだった(笑)

これでも終わらないのが鳥栖戦。

残り10分を切って、最後のカードを誰に替えるのかな?とみていたら、もうガス欠で動けなくなっていた根本だった。
そしてここで鳥栖の荒れたピッチが、もうひと波乱を起こす。財前を痛めるのだ。激しい接触ではなかったものの、倒れたまままったく動けない。
これでお互い一人少ない10-10になってしまう。
替えどころは間違っていなかったが、こんな事もあると、あと数分待たなければならないものだと、3人目のカードの切り方に肝を冷やした監督だったろう。ただFW-FWではなくMF勝と替えていたのが幸いだった。

勢いづく鳥栖に決定的なチャンスもあったが、なんとか逃げ切った。

逆に最後、足の止まったDFを置き去りにキーパーと1-1になった勇人。
惜しい、惜しすぎる!
あれが入っていたら、J2-5,000点目のメモリアルゴールとして永遠に名前が刻まれたのに・・。 誰か教えろよ(笑) あー、惜しい。。。

ここにきてケガ人&出場停止続出のモンテ。
もうあさって土曜日にある神戸戦に、はたしてDF陣は間に合うのか?
同じ事が鳥栖にもいえて、次戦は肝心要の尹選手を欠いての仙台戦。
樋口、松本両監督の采配が楽しみだ。

|

« ふたつの疑問 | トップページ | ひどい?すごい?北朝鮮女子サッカー »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/11115489

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ-3 VS鳥栖:

« ふたつの疑問 | トップページ | ひどい?すごい?北朝鮮女子サッカー »