« ココログメンテのお知らせ | トップページ | 男は黙って暑くてもラーメン »

2006年7月13日 (木)

モンテ VS愛媛

”引いて守りカウンターのチームが多いので対処に苦労した”ラモスはじめJ1降格組が、第1クールJ2の試合を戦い終えてよく口にした言葉だ。
山形は降格組ではないが、監督だけが初めてのJ2なので、第1クールで同じ対応につまずき低迷した。選手達は、頭(指示)と身体(経験)の方向の食い違いに戸惑っているようにも見えた。

J2は、上位も下位もほとんど実力差はなく、どのチームが勝っても負けてもおかしくない、とんでもないリーグだという事が骨身にしみて、J1選手を大量補強したベルディ。それに対し、戦い方でチームを変えてきたのが山形だ。

昨日も同様に、組織的ディフェンスをみせる愛媛に対し、前がかりに行きすぎずに攻守のバランスを取りながらの試合を進めた。
だから、終盤まで得点シーンもなく、一見、ダラダラとした展開にもみえた試合だったが、負けない試合、順位の上下は関係無しに1点差でもいいから勝ちきる試合を着々とさせたとも言えよう。

ただ、守備的ではあっても出足の早さで試合は愛媛のものだった。決定的ピンチも何度かあり、GKシミケンに助けられる。
ロスタイムにPK、そして足と”意識”が止まった愛媛をついて2点をあげ山形が勝つのだが、愛媛をまるで第1クールの山形と重ね合わせた人は多いだろう。
試合内容も大事だが、後半に入った今は、負けない、1点差でも勝ちきることでチーム力を上げることがどうしても必要だったから、負けなくてよかった。

今回、ココログは、時間通りメンテナンスを終了させたようだ。
これまで何度も、短時間メンテを繰り返すも、どうにもならなかったシステム。
今回思い切って一気に2日!!かけ、サーバごと更新する大規模メンテナンスに踏み切った。 今のところメンテ前の極遅モードから一転、サクサク快調だ。

モンテも同様に抜本的な改革を図らないとまずいと思われた第1クールだったが、試合を重ねながら徐々にシステム改善し、成果を上げている。
もうすでに選手達の頭と身体は同じ方向を向いているし、監督も対戦チームを研究し、変えるべき所と変えてはならない所のメリハリをつけ、少しずつ自信さえも取り戻しているようにみえる。

ココログとベルディのように、機械や選手を抜本的に変えてのぞむやり方と、最低限必要な補強のみ行い、戦術修正と選手の持てる力をもっと引き出して戦おうとする山形。どちらも興味はつきない。
ただ、お金の有る無しの違いじゃない? というオチにはしたくないほどに。

|

« ココログメンテのお知らせ | トップページ | 男は黙って暑くてもラーメン »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10913349

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS愛媛:

« ココログメンテのお知らせ | トップページ | 男は黙って暑くてもラーメン »