« F1 イギリスGP | トップページ | 知らなかった キヤノン »

2006年6月13日 (火)

W杯 VS豪 ・・・・・

ドイツへ渡ってからの練習でも、中田、福西そして宮本が守備体系の面で激しく意見を交換しているのを見せられていた。互いの意見をはっきり言葉にして出し合うのは良いことだが、おいおいこの時期で未だ決まってないの?大丈夫かよぉと心配になっていた。結局、中田の意見が反映され、バックスラインを上げると報じられていたので期待して10時を待つ。

え!?

ぜんぜん違うじゃない。

DFラインはあくまでも低く、ボランチもほとんどバイタルエリアだけを守ろうとするかのように引いている。
前線の守備もスカスカで、ほとんどプレスが効いていない。
サイドはもちろん、あれ?なんで中央がスカスカなんだ?と思ったら、中田がサントスのケアに”回されている”。 そのサントスは相変わらず簡単にボールを取られてるし「おい!早く戻れ!」と、つい大きな声を出してしまった。

前がかりに攻める豪州に対し、そんなプレッシャーをかけない日本だったので、後半体力勝負でも互角に戦えるのかなと淡い皮算用をしていたが、日本は最後まで日本らしい速い展開を見せることは無かった。体力を温存していたのでは無かった。

渡独時の異常低温から、いきなり30度を超える気象の変化。
日本では365日かける四季を1ケ月に短縮した訳だから、それが試合前から選手達の体力を削いでいたのだろうか。

ジーコ采配、、、これまで4年間、いつの試合も薄氷の上に立っていたので、地団駄踏むことさえ何度も我慢を強いられてきたが、神様の運は中村のキックだけで早々に潰え、アジアではないW杯本戦では、采配と実力差がサプライズ無しにそのまま結果として表れることをまざまざと見せつけられた。

しかし、日本中が重苦しい朝を迎えた中で、モンテディオ山形のサポーターは、それほど落ち込んでいないかもしれない。私がそうだ。なぜなら、第一クールで同じような辛酸を再三味わってきて、免疫がついているからだ(笑・・えないか) シュートを打たないFWまで似ることないのに。

特に、怒濤の攻撃とシュート数の差、それでも試合結果は逆、後半残り10分までは、ゲームで勝って勝負に負けた山形VS横浜FCの試合の”逆”を思い出していたのは私だけじゃないだろう。
結局、勝負で負けてゲームでも負けてしまうという、より最悪な結果になってしまったが。。。

これで前々回フランス大会とまったく同じ展開でクロアチア戦を迎えることとなった。 8年の間で、日本は成長したのか、停まったのか、落ちたのか、それがはっきりする一戦になる。

追記

今わかったこと。 何これ!?

俊輔のゴールが取り消されたとしても、その後の偏った笛(特に駒野のはPKだった)も無かったとすれば・・・ どちらにしても罪作りな審判だ。

|

« F1 イギリスGP | トップページ | 知らなかった キヤノン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10506411

この記事へのトラックバック一覧です: W杯 VS豪 ・・・・・:

« F1 イギリスGP | トップページ | 知らなかった キヤノン »