« 自分本位・・・ | トップページ | いよいよW杯 »

2006年6月 8日 (木)

モンテ VS横浜FC

ココログ・・・メンテばっかりで更新ままならず。
とりあえず、昨日のやつをup

---------------------------------------------------

残業続きで疲れが溜まった時とか、気持ちは切らしてないんだけど、”ぽっ”と抜けてしまう時って必ずある。
昨夜の試合はそんな感じに思った。

後半開始前、選手達がぞろぞろとピッチに入っていく。
その流れの後で横浜8番の選手が交代で入って行くのを、選手、ベンチは確実に把握していたのだろうか?
選手達はすでに円陣を組んでいる。いつもならここで南コーチとかがその交代選手の事を選手達に大きな声でアピールするところだが、私が見逃したのかもしれないが、やっていないように思われた。

前半早々、まさかあそこから出てくるとは?とレアンドロさえ驚いて一瞬ダイビングヘッドが遅れてしまった勇人のきれきれクロスなど、何度も好機をつかむも、1点止まり。
横浜も山口の欠場で左右に散らせず活路を見いだせないでいた。

それが後半、その8番アウグストの投入でガラッと展開が変わる。
前半同様ゾーンで守るも、そのアウグストへの寄せがわずかに甘く、シュートを許してしまった。執拗にマンマークしてシステムを崩す必要も無いが、前を向かせシュートを打たせてはならなかっただろう。このアウグストへのDF陣の統一した危機意識がどれほどあったのか。あったけど連戦の疲労が”ぽっ”と気を緩めてしまったかな?と思われるシーンだった。

山口がいない、早川もいない、トゥイード帰っちゃった・・・、まして1点とはいえリードした前半という展開で、心の隙は生じなかった・・・とは言えなかったのではないだろうか。

結局、週3試合とはいえ、東京V戦でみせたような最後まで走りきるサッカーは前節札幌戦同様みられず、逆にまたアウグストのカウンターで逆転されてしまった。(記録はカズだけど9割以上アウグストの得点)

試合で勝って勝負で負ける、ま、こんな試合もあるか。・・で片付けていいのか?(笑)

シュート数も決定的チャンスもはるかに山形が上。
でも(今年の)上位で落ちないでいる横浜の強さは”こんな試合”というのが無い、という事だろう。
勝ちきる、そのちょっとした差が大きな順位の差となっている。

|

« 自分本位・・・ | トップページ | いよいよW杯 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10440017

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS横浜FC:

» [横浜FC]J2第20節 対モンテディオ山形@べスパ [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCはうの字を右SHに上げて以来好調を維持するモンテディオ山形とアウェイで戦い前半先制されたものの後半2点を挙げて逆転勝ち、2位に再浮上し、1位柏との勝ち点3を3に縮めています。 山形 1(1-0)2 横浜FC 19:04キックオフ 山形県総合運動公園陸上競技場 入場者数:4,52... [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 21時28分

« 自分本位・・・ | トップページ | いよいよW杯 »