« 1日たって・・・ | トップページ | 自分本位・・・ »

2006年6月 6日 (火)

怒 中国への円借款740億円だとぉ!?

「今や日本は見ていない」
と公言してはばからない中国機械加工業界。
格差問題は別にして、メルセデス、BMWなど、高級車の需要は日本をはるかに超えている。
ChinagpF1も素晴らしいサーキットを新設し開催できるし、オリンピックも控え、近代文化への対応と充実ぶりは目を見張るばかりだ。 まさに我が世の春を謳歌している国、中国・・・にみえる。 

それに対して、賃金格差から、工業界のみならず繊維業界から食品業界他、多くの業界で廃業に追い込まれたり、対中国対策に頭を悩ませている国、日本。
特にその矢面に立ち、血のにじむ壮絶な労苦を強いられているのは我々中小企業だ。

それなのに、なぜ今、中国への円借款を凍結解除するのだろう?

”発展途上国”への経済協力の一環として、政府間の合意に基づいて、日本政府の行う円建ての低利融資制度なのだから、今や日本は敵じゃないと言ってる中国が発展途上国ではすでにないから、その対象には当てはまらないでしょ。
逆に発展途上国でもない国に円借款をするなんて、日本の方が”おまぬけで身の程知らずの失礼でおこがましい国”なのではないか?
まして中華思想の中では、円借款ではなく、目下の者からの”貢ぎ物”としか見られていないはずだ。

記憶に新しいサッカーアジア大会でのあの暴挙。
日本の国連常任理事国入りを強硬に反対する中国。
(そういえば、常任理事国の中国は、当然、今回のジャワ島地震救済はじめ、スマトラ島沖地震や津波災害の時など、日本以上の救援活動をしてるはずだよね? 知らないけど)

親善をはかりたいのは当然だけど、それを拒否する国に、こっちからだけ仲良くしようよと勝手にお金出しても仲良くなるもんじゃないでしょ。
靖国問題など、こっちがいくら説明しても聞く耳持たないし。
互いを尊重し認め合うなんてことしないもんね。
円借款より、相田みつをさんの本を持っていって、反日教育の本と交換した方がよっぽど日中関係改善につながるんじゃないか?

どんな政府間の合意があったか知らないけど、元某総理の女性問題とかなんやらと難癖つけられてると勘ぐられても仕方ないほど、我々国民への説明責任はなされていない。
金額を押さえた、とか、08年にゼロにするとか、いきなり大幅に減らすと中国側の反発が大きいからとか、こざかしい外務省の対応には腹さえ立ってくる。
それはあなた方が作った金じゃなく、我々国民が、”乾いたぞうきんから絞り出して作った血税”なんだぞっ。

唯一、私たちの意見に近い中川農相!
もっともっと大きな声で異議を唱えてちょうだい!!

事と次第によっちゃー、安・福より応援しちゃうぞっ、と。

もう一度言う。
「発展途上国でもなく国連常任理事国でもある大国に円借款をするのは、日本の方がおこがましくて身の程知らずで”失礼”な国だべー!」

あーーー、言わずにいられなかったのよ。。。

下世話な話だが、あのサーキットのコントロールタワーと空中ブリッジを見た時、まさか、これまでの日本の円借款がこれに使われたんじゃないだろな?と思ったんだもん。。。

|

« 1日たって・・・ | トップページ | 自分本位・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10416912

この記事へのトラックバック一覧です: 怒 中国への円借款740億円だとぉ!?:

« 1日たって・・・ | トップページ | 自分本位・・・ »