« サッカーW杯 パブリックビューイング | トップページ | F1 イギリスGP »

2006年6月11日 (日)

モンテ VS愛媛戦

レアンドロの質の高さはどうだ。
あのクロスの精度、曲がり方は山形に来て財前から学んだものか、以前より自分で持っていたものか。 ポストになるし、それもはたくだけでなく、見事なターンで前を向く技術には、うなってしまう。レアンドロ独特のものだろう。

勝はもちろん、なんといっても原のゴールはチームにとって大きい。
長いJ2の戦いを考えると、林の体調面が心配だったからだ。
昨日も悪くはないんだけど、いわゆるキレキレの状態ではなかった。

注目の木藤。左サイドをオーバーラップしてのクロスを期待したが、守備的+カウンターの相手に、先ずはバランスを考え守備的にいってたので、見ることはなかったが、ま、これから、だろう。

あ、出かけなきゃ。
中途半端になっちゃったけど、先ずは連敗しなくて良かった。
これで「7勝7敗5分得失点差0」ようやくスタート地点に戻った。

さ、これから、これから!

|

« サッカーW杯 パブリックビューイング | トップページ | F1 イギリスGP »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10475205

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS愛媛戦:

« サッカーW杯 パブリックビューイング | トップページ | F1 イギリスGP »