« モンテ VS鳥栖 | トップページ | さいきうー 流行ってんの? »

2006年6月23日 (金)

W杯 悔し泣き

悔しい。

体調のせいもあり精彩を欠いた俊輔の涙は、自分の力を出しきれず終わってしまった事に、私たちの何百倍もの悔しい思いをしているのが伝わるものだった。

少し前なら、私もこの結果は当然だったとか、平静を装う言い方をしたかも知れない。

でもやめた。

「やっぱり・・・だから・・・」とか、結果をみて”したり顔”で語る人間にはなりたくないと思う。

今は悔しさを露わにして、後に結果を受け止めなければ次へは進めない。

さ、新監督とともに、イチからやり直しだ。

先ずはとにかく前で勝負できるストライカーが育って欲しい。

そのためにはJの底上げが必要なのだろうが、上位チームは、ストライカーを外国人助人に頼るチームが多い。
ストライカーどころか攻撃を外国人2~3人にまかせ、日本人選手は守備みたいなチームさえある。
これでは若い日本人ストライカーが育つ訳がない。

山形にもFWレアンドロがいるが、安易に外国人助人に頼っているのではなく、そのタッチと身体の使い方そしてメンタルを吸収し、日本人ストライカーを成長させる事が本来の目的であるはずだ。

クロアチア戦後にも書いたが、次への第一歩は、もしかしたら私たちJサポの意識改革なのかもしれない。

さ、今日は、気持ちの落ち込みと睡魔で事故らないように気をつけよう。

|

« モンテ VS鳥栖 | トップページ | さいきうー 流行ってんの? »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10645047

この記事へのトラックバック一覧です: W杯 悔し泣き:

« モンテ VS鳥栖 | トップページ | さいきうー 流行ってんの? »