« カート 頭打ち・・・ | トップページ | 父の日のプレゼント »

2006年6月19日 (月)

W杯 Jへのつきない課題

VSクロアチア戦。

勝てる試合だったというけど、そうかなー? PKも含め、決定的チャンスは断然クロアチアが上回っていた。
でも、試合を支配することと勝ち負けは別だ。
今年、何度それをモンテで見せられてきたことか・・・。

こう何度も決定的チャンスを逃していたら、攻め疲れのスキをついて勝てるかも? と頭をよぎった瞬間、今度は柳沢が決定的チャンスを逃す。 お~ぃ。。。
もう、当てるだけで良かったのに、なんでわざわざ斜め横にいるキーパーの股を抜こうとするかなー。。。
反射的にオフサイドかも?とか、前へ走っていたので正面より気持ち右方向へ蹴ろうと思ったのかもしれない。

しかしこんなビッグチャンスを逃したら、当然勝利の女神はそっぽを向いてしまう。
オーストラリア戦のように、相手側に行かないだけ未だ良かったが。

さて、ブラジルが2-0でオーストラリアを下してくれた。
できれば3点差つけてほしかったが、1点差でも勝てば良いブラジルなんだから、日本のためにリスクを犯してくれるはずもない。

VSブラジル戦は・・・。 決勝トーナメントに向けて主力は温存させてくれるか? いや逆に試合でコンディションを上げていくためにスタメンを替えないかもしれない。ケガのリスクがあるから、最強メンバーではないと思うが、そうだとしても控え選手は自分をアピールするビッグチャンスなのだから、それはそれで脅威に変わりはない。
いくらジーコだからとはいえ、王者ブラジルに敗戦は許されないだろう。

引き分けが精一杯とは思うけど、WBCの奇跡がもう一度起こらないとも限らない。
クロアチア戦後、ジーコは 「これもサッカーだ」 と言ったが、その奇跡だって 「それもサッカー」 だ。

8年で日本が進歩したもの。 負けない気力。
変わらなかったもの。 決定力。

やはりJで日本人選手が得点ランキングトップに名を連ねなければ、W杯での上位進出はありえない。
チームの成績がすべてか、日本人ストライカーの育成か、Jの課題は複雑だ。
もちろんその課題は、我々Jのファンやサポーターにも突きつけられているのは言うまでもない。

|

« カート 頭打ち・・・ | トップページ | 父の日のプレゼント »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いやいやサッカーには無知の私としての感想ですが、今回のW杯はGK川口のプロモーションビデオみたい。でも、川口だけが目立つってことは・・・喜ばしいことではないですよね・・・?
WBC以上?に厳しい現状だと思うのですが、何とかがんばってほしい。
ところで、TERU☆さん、カートって・・・また走り出したんですか?そういえば今は昔、まだ私がTERU☆さんと面識が無い15年位前にTERU☆さんの会社に勤めていた私の友人が、会社の駐車場?でタック・イン何とかってスゴイ技?を社長の息子が見せてくれたって言ってたなぁ・・・。アレはやはりTERU☆さんの話かな?車にも無関心な私ですが、タック・イン何とかって・・・何ですか?確かコーナーリング?での技だったと記憶しているのですが・・・。

投稿: 真顔で嘘 | 2006年6月19日 (月) 23時39分

真顔ちゃんの名前はたまに登場する新聞(野球欄)でみてるよ~(^^)
WBCについては3月19日あたりで何回か書いてるから、暇なとき見てね。

んで、カートはね、そうなのよ。再開したんです今年。
12月で50の大台。子育てもほぼ終わるんで、昔、断念してたことを少しでも取り戻そうかと(笑)

タックイン・・・ んん~忘れた。
駐車場ったって狭いから、アクセルを一瞬抜いて荷重を前に移しドリフトさせ瞬時にターンしなきゃなんなかったから、それのことかな?

今年始めたのは、メンテナンス無しで身体ひとつで手軽に楽しめるレンタルカート。昔のは100CCだったけど、これは半分の50CC。でもけっこうあなどれない。つうか、排気量が少ないだけフルアクセル状態だし、かえってシビアでごまかしが効かないっちゅうか、これはこれで面白いんよ。

投稿: TERU☆ | 2006年6月20日 (火) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10591368

この記事へのトラックバック一覧です: W杯 Jへのつきない課題:

« カート 頭打ち・・・ | トップページ | 父の日のプレゼント »