« 天使になったあやかちゃん | トップページ | モンテな香り »

2006年5月18日 (木)

モンテVS湘南戦 勝ったでもおしい・・・

昨夜は、仕事を抜けて観戦し、また会社に戻って仕事をしていた。
そのため、勝利の歌というより勝利の雄叫びと言ってもいい ♪月山の雪ぃー♪ を歌えなかったのが、非常に残念でならない。

それはさておき、試合前の挨拶で、ひとり、深く長い長いおじぎをしていた外池。
平日にもかかわらず、はるばる平塚から来たであろう湘南サポ、そして古巣山形の観客やチームメイト、スタッフ、そしてそして走り慣れたピッチ、すべてに心を込めて挨拶していたのではなかろうか。
その思いが伝わり、ゲーム前から胸は熱くなっていた。

ゲームも、臼井のミドルが景気づけとなり、初めは中2日とは思えない熱い展開をみせた。
ただ、主審に文句を言っても始まらないのだが、あの笛では余計なトラブルが起きても仕方なかった。 何より見てて双方のケガが心配になる。たぶん、外池がいなかったらお互い荒れに荒れた試合になっていただろう。
レッド出しまくる線審O氏氏の勉強代にこの試合使うなよー、とまで思ってしまったものだ。

右ききの左財前。 縦へドリブルからのアーリークロスはなくても、精度が良ければ切り返してのクロスだけで充分武器になることを証明してくれた。得意なポジションを得て、ようやく本来の持ち味を見ることができた。

チームは「2-0は危険な点差という言葉はもう古い」今、ヨーロッパでは間違いなく勝ちゲームでなければならないという先日の山本トークをも実践してくれた。つうことはヨーロッパのチーム並に成長してきたことか?なんちゃってね。勝ったから何でも言えるわ(笑)
2-0から後半グダグダになったという人もいるけど、2-0からしっかり勝ちきるサッカーが今のモンテには必要だと思う。カウンターからの失点を避け、必ず勝つという自信を増幅するためにも。

しかし中2日でのレアンドロ、財前をはじめみんなの動きが良かったのには驚いた。同じ条件で遠征の分、湘南より分があった訳だが、やはり人もボールも動くと見てて楽しいし気持ちも良い。今までは、持ちすぎというよりはもらいに行く動きが足りなかったのだとはっきりわかった。

次は逆に今節ゲーム無しで休養充分のベルディ。
昨日のゲームもしっかりマークされたことだろう。
きっちりしたディフェンスに期待したい。

ところで昨日の観客数は、2,845人とか。
平日夜だもん、しょうがないのでは?と、私の応募した数は、2,842人。
う~、おしいー。
私と会社の者と残業しなくちゃならない所を無理矢理行ったんだけど、行かなかったらピタリ賞・・・はえぬき一俵。。。
ま、応援できて勝ったことの方を喜ぼう・・・  あー、でもおしいー(笑)

|

« 天使になったあやかちゃん | トップページ | モンテな香り »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10127810

この記事へのトラックバック一覧です: モンテVS湘南戦 勝ったでもおしい・・・:

« 天使になったあやかちゃん | トップページ | モンテな香り »