« 講演2題 | トップページ | 圧倒するトップ2 バルセロナ »

2006年5月14日 (日)

第2クール初戦VS草津

「あっ、”また”やられたっ・・・」

終了間際、そう思ったのは私だけじゃないだろう。

草津右サイドから放たれたクロスに対し、GK清水の前にいたのは草津FW2人だった。

からくも?運良く?2人の間をスルーしてボールは左サイドまで流れていったのを確認した時、ハー、ハー。ふぅー。 息をするのを忘れてたじゃないか!
死むところだったぞ。。。うそ。

終盤、TUYでも追い切れなかった(笑)レアンドロのダイビングヘッドで2-1となるも、前半終了間際、ゴール直後の失点という教訓がまったく活かされない。
ボールキープだろう?と思うのに、交代で入ったDFレオがずっとドリブルで上がっていき、バイタルエリア付近までは行ったものの、ボールを失いカウンターを喰らう。そして生じた冒頭の絶体絶命のピンチ!

昨日の山本氏のトークを思い出した。

「2-0はサッカーでは危険な点差」とよくいわれるが、それは”発展途上のサッカー”なのだという。ヨーロッパでは2-0は間違いなく勝つサッカーだと。
つまり、2-0でも1-0でもとにかく”勝つ”ためのプライオリティは、攻めるべき時は攻めるも、守るべき所は絶対守りきる!という強い意思統一が確立されているのだろう。

今日は、最後はずしてくれて勝ったから良かったものの、そのメリハリの無さには素直に喜べないでいる。
これも連敗で生じたメンタリティによるものか。

とはいえ、勝利によってのみ見いだせる薬を今日飲めたのは大きいかも。

よく昨年序盤の快進撃と比較されるが、昨年だって大差で安心して勝てた試合は無かった。引き分けや最小得点差で負けずに上位をキープしたものだ。

今年も、今日の勝利の薬で得た自信を隅々まで行き渡らせるためにも、次戦が大事になってくる・・・・って、何度も言った気がするが。。。

|

« 講演2題 | トップページ | 圧倒するトップ2 バルセロナ »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10066190

この記事へのトラックバック一覧です: 第2クール初戦VS草津:

« 講演2題 | トップページ | 圧倒するトップ2 バルセロナ »