« 明日からGW | トップページ | 初ハイランド »

2006年5月 3日 (水)

モンテ VS愛媛 負けに等しい引き分け

今日初先発の外池が悠介のFKに頭で合わせゴール!
そりゃ湘南は大騒ぎさ。

Ehime んと、、Mr.ピッチ、、、未だに違和感バリバリ、何これ?意味あんの??って感じ(笑)

ま、それはいいとして現実逃避せず(笑)山形、、、今日はいつもと違う立ち上がりをみせた。
いつもは立ち上がり15分内に決定的なシーンを外し、攻め疲れたところでカウンターを食らう展開な訳だが、今日はその決定的なシーン、シュートさえ無かった。 ん?これっていいこと!?
守備的に入ったとも言えるんだろうけど、なんだかなー。

今日、財前がゴールを上げたけど、それでも彼を前線でFWの仕事をさせるのは間違っていると思う。機能したのは最初の1・2戦くらいでマークされたらほとんどボールが収まらない。財前が良い悪いじゃなく、そこでは彼の良さが活かされない・・・なーんて素人に言われても聞く耳持たないだろうが、プロの目から見たら違うのだろうか。
精彩を欠く永井の位置に財前、長いシーズンを考えたらこのふたりもしくは健ちゃんも含め3人で90分走り回らせたらと思うんだけどなー。
今日はホント、永井、匠のボランチが機能せず、バイタルエリアにどんどんドリブルで入っていかれ危ないシーンが多々あった。誰がファーストディフェンスに行くのかそれさえ約束事がなされてないのか?と不安になる。

それから今日もそうだが、第一クール目に付くのは、選手がパタパタとよく”転ぶ”こと。競って倒れるとかじゃなく、ただ転ぶのだ。
いつもは芝じゃなくグラウンドで練習しているという愛媛の選手よりも山形の選手の方がよく転んでいる。
巷よく言われる練習に問題があるのでは?とマジに思えてくる。つまりフィジカルの中でも下半身やボディバランスの鍛錬がなされているのか?ということだ。

勝ち点、勝敗、そして得失点差すべて完璧なブービーで第一クールを終えたモンテディオ山形。
幸い次節休みが入り、第2クール開始まで時間がある。
蔵王とか高地でミニキャンプを張り、一度身体を徹底的に追い込みフィジカルの強化に努めないものだろうか。このままただ手をこまねいて、目先の変更だけで第2クールに臨んでも同じことの繰り返しに思う。

今、シミケンのゴールキックのターゲットになるのはレアンドロ、本橋、、、いない。
ほぼすべて相手ボールになり、セカンドも拾えない展開。
レアンドロ-財前ラインでは、相手に先制点を上げられ引かれたらほとんどノーチャンス。期待の氏原もポストプレーがままならない。

劣性になるとレオナルドがパワープレイで前線にあがるが、こうなると、外池、小林テルがなんでここにいないんだ!?と嘆いてしまうのは私だけだろうか。

光明もある。シーズン前ゴールを重ね絶好調だったところでシーズンイン直前にケガで1ケ月遅れた林が1ゴール1アシストの活躍で復帰したことだ。
大胆な戦術変更でまったく違うチームに生まれ変わることを期待したい。

もう、昨年の仙台みたいに、監督の言うことを聞かず選手達で変えていってもいいぞ!

|

« 明日からGW | トップページ | 初ハイランド »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9885486

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS愛媛 負けに等しい引き分け:

« 明日からGW | トップページ | 初ハイランド »