« 圧倒するトップ2 バルセロナ | トップページ | 天使になったあやかちゃん »

2006年5月16日 (火)

W杯まで1ケ月ないのに・・・

・・気づいた。 今頃、ようやく。

今回、なんかあんまりテンション上がらない私。 なんでだろ?

昨日の代表決定も、「あ、そうなんだ」くらいにしか思えてないし。

モンテが低迷してて滅入ってるからだろうか?
また毎日が午前様前後になってる仕事が忙しいからだろうか?
それともゴルフ・カート・モンテ観戦・F1観戦と目白押しで、それどころじゃないからだろうか?

ま、代表合宿が始まり、6月に入るといやがおうにも沸騰してくるんだろうけど。

そうそう、久保が山形に来てたのって、置賜のあの治療院かなー?
腰の悪いオヤジをよく連れて行ったことがある。
2時間かけて。 それでも何度も行くんだから、よほど良かったんだろな。

それから数年後、私が患った椎間板ヘルニアは手術して全快したけど、久保は痛みが長引いてるようだ。
無意識のうちにそれをかばおうとして別の箇所を痛めるのは、椎間板ヘルニアを患った人はたいてい経験していることだろう。
私なんかの一般人は、安静にして回復を待てるんだけど、スポーツ選手は、休むと筋肉が落ちてしまうし、特に久保は前回W杯でも最終選考で落ちているのだから、なんとして出たい・・・時間的にせっぱ詰まり、大丈夫じゃないかな?とテスト的に強行出場しても、もちろん相手もプロだから遠慮無く当たってくるので、それで痛みを増幅させてしまう。でもそれをかばうと今度はパフォーマンス不足と指摘されてしまう。

安静とトレーニングの狭間で、その葛藤は、同じ病の経験者として手に取るようにわかる。

同時に、落選も、同じ病の経験者としてある程度理解できる。

選ばれるからには、90分、自分の力を120%発揮できるようなコンディションでなければならないと思うからだ。

久保に私の先生を紹介したかったなー。
15年前、当時では最先端の治療法で、今は背中に内視鏡?を入れた3.5cmのキズ痕しか残っておらず、痛みはまったく無い。 というか、麻酔から覚めたその時から、仰向けにさえ寝られなかったのが嘘のように痛みは消えていた。
涙が出るほどうれしかった。
もう山形から東京へヘッドハンティング?されてるので、山形へ来なくても東京で治療できたのになー。

横浜FCのカズは、2010年南ア目指す、と語っている。
・・・・・・・・・・・。
と、とにかく、久保もがんばれ。

|

« 圧倒するトップ2 バルセロナ | トップページ | 天使になったあやかちゃん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/10099954

この記事へのトラックバック一覧です: W杯まで1ケ月ないのに・・・:

« 圧倒するトップ2 バルセロナ | トップページ | 天使になったあやかちゃん »