« 成功体験 | トップページ | あるところにはある »

2006年4月12日 (水)

WBC効果? いや栗原効果

昨夜は久しぶりにTVでナイターを観た。巨人-広島戦。
巨人ファンで”あった”私だが、観戦したのは何年ぶりだろう。
ユニフォームも新しくなったので、ホント久しぶりな感じだ。

昨年までの、ホームランか三振の大味なゲーム運びじゃなく、クリーンアップにもバントをさせるという原流スモールベースボールに変わっていた。

仕事から帰って夕食食べながら見たのが、ちょうど二岡がヒットを打った時だった。
なんとそれから打つわ繋がるわ。こんなおもしろい巨人見たことない。
それまでの0-0が嘘のように、いきなり試合を決めた。

普通なら諸手を挙げて喜ぶところなんだけど、んん~、そこまで喜べないのは、今年の成績に高笑いしているという、あのメガネの御仁がまだいるからだ。

なんでナイターを観たかというと、広島戦だからだ。
そう、WBC効果(少しはあるかな)ではなく、栗原@山形出身の活躍みたさで、だ。
昨日こそヒットは無かったが、しっかりクリーンナップ5番ファーストで出場しているのがうれしい。巨人ファンなんだけど、栗原だけはしっかり応援してた。
最後の打席なんか、右中間「抜けろ~」って声出ちゃってたもんね(笑)
ファインプレーで捕られたけど、ナイスバッティングだった。

「えっ?」と驚いたのが、試合後、選手監督コーチ全員が内野の一塁線上に一列に整列して、スタンドを向きファンに帽子を取って挨拶してたこと。
サッカーの試合後の挨拶と同じじゃん! (対戦相手はいないけど)
いやー、びっくり、初めてみた。

TVじゃなく現地観戦したのは、ちょうど運良く淡口のホームランで優勝した時が最後。 ふっるー。
試合後の挨拶にびっくりしたのは、あの時、まだリーグ優勝だったからか、グランド一周とかせずに早々に帰ってしまい、そのそっけなさに 「なんだよー、これだけ!?」 と残念に思った記憶があるからだ。

それだけ、野球人気の低迷に危機感をもち、ファンサービスに目を向けてるんだね。

あの時も、みんな引き揚げたのにクロマティが、スタンドに向けてバンザイパフォーマンスしてくれてた。優勝を一緒に楽しもうって感じで、実に良かった。ホント好きな選手だったな。
もちろん、翌日は有楽町そごうの優勝祝いセールに行って、クロマティのTシャツも買った。

今、スポ少や中学の部活に、野球人気が復活しているという。

有力選手はみんなメジャーに行きたがるので、日本のプロ野球は、応援しても”そんなレベル”なのか?と漠然と引いていたのが、WBCの優勝で、なんだ日本のプロ野球も捨てたモンじゃないじゃないと見直されたのだろう。つうかそれはまさに私のことだけど。

もうひとつ思ったのは、昔のドーム巨人戦はプラチナカードと言われるほどなかなか手に入らなかったのに、昨日は空席が目立ったこと。しかし、それでも入場者数は4万を超えている。以前より1万減ってはいるもののこれが連日なのだから、やはりサッカーに比べ、野球人気の高さがわかる。
これがそのまま年俸に反映されるのだから、子供達の目がサッカーから野球に向けられるのも不思議ではない。

モンテはじめJの各チームは、今年はワールドカップイヤーだから必然的に観客も増えるだろう、なんて甘く考え、努力を怠ってると、WC後、大変なことになるかもしれませんよ(たけしの口調で)

|

« 成功体験 | トップページ | あるところにはある »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9548945

この記事へのトラックバック一覧です: WBC効果? いや栗原効果:

« 成功体験 | トップページ | あるところにはある »