« モンテ みちのくダービーを前に | トップページ | 気分転換 »

2006年4月22日 (土)

モンテ VS仙台

今日はモンテのパーカー着て行こうかと思ったけど、風が強そうだったので、裏ボア付のベンチコートも持っていった。
トスで風下に回った山形。
これがけっこうキーポイントになる。

いつものように立ち上がり、攻勢をかける山形。
仙台はボランチ千葉も含めてほぼ5バック!になって守っている。
私的には梁に注目していたが、ケガもあるのか?この展開ではそう脅威にはなっていなかった。
これまでの徳島、柏と違い、前線からのプレッシャーはなく、なんとなく違和感を感じながら攻め込む。この時点でのカウンターへのケアは充分だった。

レアンドロのシュートがバーを叩く。
モンテ戦では何度も神懸かり的なセーブを見せるGK高桑も動けなかった完璧なシュート。入らなかったから完璧なシュートという訳じゃないが、5バックを崩したという意味で良いシュートだった。

風下だったので、前半0-0でしのぎ、後半、財前、佐々木、高林、なんだったらレオのシュートで試合を決める、、、という私のゲームプランが(笑)くずれたのはその後だった。

熊林のクロスが風に流れて清水の上を越えてしまう。
味方か誰かにちょっとでも当たりコースが変わればいいかな?という放り込みとも思うが、風上をうまく利用したキックだった。

柏戦同様、先取点の大きさを改めて感じさせた試合だった。
残念ながら今回は決めるべき所で決められなかった。
これで一層、5-2-3(私の中ではね)で守る仙台を崩すのが苦しくなる。
0-3となったが、後の2点は前がかりに行ってのカウンターだから、こんな試合はこれまで何度も見てきたし、何もせず0-1のまま負けるのとある意味同じこと。もうこの位置で得失点差など、、、まだ考えなくていい。(と思う)

負けたことよりも、後半、風上に回って、しかも引いて守る相手にミドル・ロングシュートをなかなか打たない事にいらだった。
もうみんなが前に行ってゴチャゴチャになってる。
それじゃー5バックの思うつぼ。
案の定、シュートで終われないところをカウンターで決められた。

2点目を入れられてからは、前線でのオフザボールの動きも止まってしまった。

いやー、腰痛てー。

帰りに「打ちッパ」に行って、ドライバーをブンブン振り回してきた。

|

« モンテ みちのくダービーを前に | トップページ | 気分転換 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9715907

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ VS仙台:

« モンテ みちのくダービーを前に | トップページ | 気分転換 »