« 気分転換 | トップページ | 小泉劇場の終焉?違うんじゃね? »

2006年4月24日 (月)

F1 サンマリノGP

アウトドローモ エンツォ エ ディノ フェラーリ・・・長げー。 つまりイモラ。
そんなフェラーリの名前を冠したサーキットだからこそ、どうしても勝ちたかったフェラーリ。
フェラーリに心頭するティフォジが、いつもより少ない事からもフェラ-リの苦戦が伝わってくる。 
”みんなちゃんと走って”勝ったのはいつだったか忘れたくらいだ。
その狭く抜き所のないサーキットで勝つ手段は限られていた。

勝つための第1関門である予選。
周到な準備と戦略から、ポールはミハエルがゲットする事に成功した。
フリー走行の時から、ブリヂストンタイヤの復調が見られてはいた。
しかし・・・いつからBSはこんなにピーキーなタイヤを作るようになったんだろう。

決勝の時間、スカパーにあわせると、真っ青なアウトドド・・・ええい、イモラの空が飛び込んできた! 暑そう。路面温度の高さがBS、ミシュランどちらに有利になるのか?

スタートでミハエルがトップをキープ。
スタート後の第一コーナーで接触するのでは?と私が予想からはずした(笑)ごめんマッサもアロンソを押さえ良いスタートをきった。

その後、狭いサーキットでデッドヒートも見られずレースは淡々と進む。
マッサが微妙にペースを落とし、トップミハエルとアロンソの差を拡げる。
これで勝つための第2関門もうまくいった。

しかし! このレース最大の謎が発生する。
なんとアロンソを押さえていたマッサが先にピットインしたのだ。
予選でガスを少なくしたにしても、アロンソを押さえるとともに燃費も抑えられて、もっと引っ張れただろう、これ以上ない戦術に思えたのだが・・・。
前が空いたアロンソはどんどんミハエルに迫っていく。

給油後、第2スティントでは、ず~っとテールツーノーズの状態。
ミハエルがペースを落とすも、アロンソを抜かせない。
約50cm(たぶん)のスライドだけで、押さえ込んでいる。
どんなに遅いかというと、周回遅れのマシンがアロンソの後まで迫ってくるペースだ(笑)

フリー走行から予選まで速さを見せたBS。
BSのピーキーさと高い路面温度がフェラーリをはじめBS装着組を悩ませているようにみえた。
安定していてしかも軽く燃費の良いルノー。このまま行けば、最後のピットインで給油時間の少ないアロンソが前に出られるのがわかっているからアロンソも無理してまで仕掛けない。
しかしいつまでもこのペースのままでは、フェラーリにも燃費を稼がれ給油時間のアドバンテージは少なくなってしまう。だから先にアロンソをピットに入れた。(のではないか?)

この2回目のピットワークがこのレース最大の山場になる。
アロンソ・インの次の周にミハエルもピットイン!
この1周、つまり1分何10秒の間に、フェラーリ陣営はどうやってどんな計算を立てられたのだろう。
スタート前のガソリン量、1回目の給油量、これまでの燃料消費量、そして残り周回数の必要量。ピットにはスーパーコンピューターの姿はもちろん無いし(笑)何リッター何秒給油の指示をどうはじき出したのか知りたい!

ストレートを駆けてくるアロンソの鼻先に、ミハエルはマシンをコースにねじこむことに成功した。 あと0.3秒ピットワークが遅れていたら、ガソリンをあと1リットル入れていたら先にやられていただろう。

この完璧な作戦とピットワーク、それになんといってもひとつのミスもせず!これが凄いんだなー、アロンソを抑えたミハエルと、このレースで勝つための関門をすべて突破させたフェラーリの総合力がレースを制した。 マッサの件だけ解せないけど。

何度も書くが抜き所がなくデッドヒートも少なく一見単調なレースにも見えるが、ドライバー同士、チーム同士のかけひきなど見所満載、涙が出るほどおもしろいレースだった。

|

« 気分転換 | トップページ | 小泉劇場の終焉?違うんじゃね? »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9746235

この記事へのトラックバック一覧です: F1 サンマリノGP:

« 気分転換 | トップページ | 小泉劇場の終焉?違うんじゃね? »