« 仕事 ちょっと一息 | トップページ | WBC 緊張と集中の違い »

2006年3月18日 (土)

モンテ まだまだかみ合わず

今日はモンテディオ山形、ホーム開幕戦。
だけど、特に北村山地方の多くの小学校は今日が卒業式。
おまけに、月曜と振り替えで3連休にして今日を出勤日にしてしまう会社も多い。
だからホーム開幕なのに、観客数 6,149人 と、ちょっと残念な結果になった。
仕事の都合で試合はじまってからの参戦になったけど、駐車場がてんでバラバラに車を置くから大変だった。
通路に立つ人をそのままにしてるし、見えないから言って座ってもらったけど、ま、まだ第一戦だからしょうがないかもしれないけど、指導が徹底してなかったね。
寒くは無いのだが、途中、雨も降ってきた。
おっ、大塚だと思ったら関じゃん。なんで手放すかなー>水戸
しかもゼッケン19と16だから転んだら区別つきにくいぞ。
・・・・・と、前置きが長くなり、しょうもない愚痴や突っ込みをいれるしかないのは残念ながら0-1で負けたからだ(汗)

まだまだ2戦目、レアンと氏はじめ、カブる場面が多く目につく。
互いに見合わせたスキをツメの速い札幌に狙われたり。

いくら雪の無い場所で合宿したとはいえ、開幕直前の練習が雪のために阻まれる雪国山形のハンディは大きく、シーズン序盤は苦戦が続くかも。
ドキドキさせたシーンは、前半のレアンドロのダイレクトボレー(林の正面)と後半のクロスバーを叩いたシーンくらいか。あと前半見られた臼井の切り込み良かったけど・・・。
でも、昨年の佐々木の1-1からの突破、そして臼井-佐々木のコンビネーションなど、ぞくぞくするシーンは少なくなった。
シーズン序盤は、健二-永井-財前と渋いフォーメーションで安定した出足を監督は考えているのだろうか。

あいかわらず、ここぞという場面でトップ下に選手が居なく、クロスの返しやこぼれ玉はほとんど札幌が支配していた。ここを拾ってミドルを打てる選手を私はもう数年待っている。
特に今年はタカバが入ってきたので相当期待してるんだけどな・・・。

失点シーンは、試合前大塚がコメントした通り、臼井が上がった後の裏を狙われ、小原・レオが引きづり出されマークがずれてフリーにさせてしまった所へクロスを上げられての失点だった。
前半はそこを永井や匠がカバーしていたが、後半カバーしきれなかった。
水戸戦の失点も同じような展開だったし、今日もこの失点シーン以外でもゴール前でフリーにさせてしまい、思わず失点を覚悟してしまう場面が2~3度あった。
シュートが枠外だったからよかったものの、あのオフサイドになったフリーキックしかり、今日は悔しいけど完敗を認めなければならないところだ。

でも下を向く必要はない。こんなもんじゃないはずだ。
もっと芝の上で練習を重ね、かみ合ってくればおもしろいゲームも期待できるだろう。

kenji 今日の一枚。ゴール前のフリーキック。
サポーターの前で、健二、財前の両ミスターがゴールを狙う。同じユニで両雄並び立つ後ろ姿に、改めて感慨を覚えた。小さくて見えん、デジカメ持って行かなかったもんで。。。

|

« 仕事 ちょっと一息 | トップページ | WBC 緊張と集中の違い »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9146830

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ まだまだかみ合わず:

« 仕事 ちょっと一息 | トップページ | WBC 緊張と集中の違い »