« WBC 緊張と集中の違い | トップページ | モンテとWBC すまん、集中が足りなかった »

2006年3月20日 (月)

F1 ルノーの成熟

第2戦マレーシアGPは、ルノーのワンツーで終わった。
そもそも「コーナリングマシン」であるルノーが、エンジンの排気量縮小という今年のレギュレーション変更により、さらに有利になった。
各コーナーの安定度には改めて感服する。
2戦目にしてすでに2年前のフェラーリのような隙のない完成度に思える。

もちろん、カラーリングのせいで外見上はあまり変化は目立たなくても、よくよく見るとマシンそのものもブラッシュアップされている。
唯一アロンソの予選が7位、それもガソリンを多く積んだワンストップじゃなくツーストップ作戦であったのは腑に落ちないが、それでも簡単に2位を手中にできる強さだ。無論、ワンストップでも行けたが、フィジケラを抜く必要もないのでだめ押しに給油したとも考えられるが。だとすれば益々他チームとのアドバンテージは大きいということになる。

WBCが伸びたため、スタート序盤を見逃し、すでにライコネンや注目のウイリアム勢が去ってしまってからの観戦になったのは残念だった。間違いなくストップ・ザ・ルノーの筆頭はライコネンだと思うからだ。
実は私はバトンは速いかもしれないけど、そして完走する安定度は確かに素晴らしいけど、アグレッシブさに今イチ物足りなさを感じ、好きとまではいかないのだ。去年まではマジに「バトンと琢磨を足して2で割ってくれ」と思っていたものだ(笑)

さて問題のタイヤについて、暑さにはBSよりもミシュラン有利と思われていたが、今回ボディウムには上がれなかったけれど、フェラーリのダブル入賞、そして初戦惨敗でどうしようもなかったトヨタがポイント圏内まで入れた事で、高気温の中でのBSとMのパフォーマンスの差は縮まったようだ。すなわち常温においても、今年のBSには期待できるかも。

これで、ルノーの速さがテスト期間中の実績をそのままに、頭ひとつ抜け出した感があるが、あとは大混迷。益々目の離せないおもしろいシーズンになった。

ところでF1クイズの方は、昨年まで同様、私はモンテディオ山形の成績に倣ってしまうようだ。昨年もシーズン終盤でこけてしまったのと同様、今年は私もモンテも下位に低迷している。
頼むから、明日の横浜FC戦、勝って上昇機運に乗ってくれー。

(訂正:アロンソは予選6位じゃなく7位でした。予選でトラブったのでこの位置のようですね)

|

« WBC 緊張と集中の違い | トップページ | モンテとWBC すまん、集中が足りなかった »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9175924

この記事へのトラックバック一覧です: F1 ルノーの成熟:

« WBC 緊張と集中の違い | トップページ | モンテとWBC すまん、集中が足りなかった »