« いてて、でも心地よい疲労 | トップページ | F1ウィーク突入 »

2006年3月 6日 (月)

遅ればせながら祝日本一(パイオニア@Vリーグ)

昨夜は、雪はきボランティアの心地よい疲れと酔いで、いつの間にかマッサージ機の上で寝てしまっていた。
気がつくと12時過ぎ。 某NHKをつけるも、結果がわかっているので、毎セット中盤までついうとうと・・・。 しかし各セットとも15点を過ぎる頃には眠気も吹き飛ぶすさまじい攻防がみられた。

とはいえ、久光@ケニアひとりVSパイオニア@全員攻撃みたいな感じ。
これって、もしパイオニアが負けたら「日本の先はない」ということになるんじゃないの?と心配になるくらい。
もちろん、パイオニアもフールマンあってのチームではあるけれども、日本人選手とうまく解け合っているから応援のし甲斐もあるってもんだ。
特に江口は、マークされた佐々木、栗原よりも得点を上げ、決定率はなんと66.7%と最高の内容だった。これまで、ここがもうちょっと強ければと思ってたので、正直、すみませんでした、見直しました(笑)
それを引き出し、久光ブロック陣を翻弄させた内田のトスワークも見事だった。

そしてその内田選手がうれしいうれしい、初?のベスト6入り!
ちゃんと見てくれている、評価してくれる人がいたんだと改めて思う。
一昨年の優勝の瞬間は、大はしゃぎするメンバーの輪の外で、ひとり両手で顔を覆い泣いていた内田。
今年は、一緒に輪の中で喜び泣いていた。おめでとう!

んでもってまたまたセリンジャー監督。
「このチームで全日本代表チームと対戦したいくらいだ」と今日も吠える吠える(笑)
気持ちはわかるが、柳本監督も、素直にセリンジャーの采配と選手を評価するコメントを残しているのだから、もうそれくらいにしといたげて~(笑)
そして栗原にサーブレシーブをたたき込んで代表へ育ててほしい。

【パイオニア3-0久光】Vリーグ決勝2勝1敗 日本一☆

|

« いてて、でも心地よい疲労 | トップページ | F1ウィーク突入 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8970526

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら祝日本一(パイオニア@Vリーグ):

« いてて、でも心地よい疲労 | トップページ | F1ウィーク突入 »