« 明日につなげたアタックと気迫 | トップページ | いてて、でも心地よい疲労 »

2006年3月 4日 (土)

いよいよ開幕J2

まだまだ1試合。評価するまでもないが、んん~昨年までの課題はそのまま残ってる感じ。
詳しく書くのは控えるが(他チームがこんなブログみる事もないと思うけど・笑)
よくモンテの長所としてボールポゼッションの良さが上げられるけど、DF陣のボール回しは早い寄せがあると安定せずハラハラしなければならないし、ベテラン中盤陣のそれは、タメなのか持ちすぎてのディレイになってしまってるのか評価は分かれる所だろう。
もっともっとワンタッチでポンポンつなぐのを期待してるし、タメてからサイドへの展開などサイドの選手は上がって来てるのに、見えてないのかなかなかボールが供給されない場面が多く見られた。

あいかわらずわくわくさせてくれる佐々木は故障明けでも健在。
レアンドロも期待できる。氏原は噂通り監督の意図するポストプレーよりも流れの中でのシュートが得意のようだ。
財前はもっと中でプレーするのかと思ったけどサイドに開いてたね。局面で良い場面も見られ、やはり彼の良さはスーパーサブ的な終盤の得点がほしい場面でこそ生きるのだろう。
このあたり、実戦を通して何が一番フィットするのか、これからの進化を見守っていきたい。

開幕ダッシュを期待したいのは勿論だけど、水戸にしてもどのチームも戦力アップが果たされそう簡単に勝てるチームはない。こうなったら長いシーズンを見越し、この時期にいろんな選手、フォーメーションを試して見るのもいいだろう。
練習ではわからない長所や欠点を修正できるのは今だけ。昨年もそうだったけど、終盤それを試せなくなって、連敗してしまった経験を糧にして、今の内に手元にいろんなカードを増やしていってほしい。

こんだけいっぱい注文したんだから、もちろん明日は私も雪ハキに行くぞっ(笑)

【山形1-1水戸】 J2第一節 暫定5位 山:オウンゴール

|

« 明日につなげたアタックと気迫 | トップページ | いてて、でも心地よい疲労 »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8944927

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ開幕J2:

« 明日につなげたアタックと気迫 | トップページ | いてて、でも心地よい疲労 »