« F1 ルノーの成熟 | トップページ | WBC 子供たちにもうひとつの夢ができた »

2006年3月21日 (火)

モンテとWBC すまん、集中が足りなかった

今日の昼は、コンビニの弁当やホカ弁が売れたんじゃないでしょうか。
私も今日の昼はひとりなので、外食じゃなくホカ弁にした。
じっくりTVでWBCを観たかったからだ。
ちなみに好きな四文字熟語が「焼肉定食」な私は、焼き肉弁当にした。
季節限定ビーフステーキ重もおいしそうだったが、野菜が少ないかなーと。

WBC、2時には終わってモンテも見れると思いきや、決勝なのでどんどん投手を替えられるので、2時になっても終わらない。ま、それでも緊迫した好ゲームで長いとはちっとも感じなかったけど。

んで、2時で、スカパーにしたけど、WBCも気になり、ちょこっとだけチャンネルを替えてまた戻ったら、カズがPKを蹴ろうとしているところだった(ガーン)

ハーフタイムで日本優勝の瞬間を見られたのは良かった。
先制点、中押しも貴重だったし、あのまま最終回、1点差だったらどうなっていたかわからない。イチローのタイムリーは効いた。ここぞという時に頼れる選手、まとめる選手、引っ張る選手がいるから優勝できたと思う。

今年のモンテで一番期待できたのは樋口監督が最初キャプテンを置くと言ったことだった。残念ながら今年もチームキャプテンは置かず、ゲーム毎にゲームキャプテンを置くこれまでのやり方にいきなり戻してしまった。なぜ!?

ゲームは0-1で横浜FCに敗れた。
PKとともにDF内山が退場となり以後10人で戦うことに。
引いた横浜からゴールを上げるのは辛い。
氏などキーパーと1-1になる場面もあったが、山形戦になるとどこのキーパーもファインセーブを見せるのは何!?(笑・・・えない)

しかし、タカバのキック力を活かした正確なロングフィードは佐々木をさらに活かせるし、11人のままだったらシュートも期待できる。

王ジャパンは、最後まで諦めないことを身をもって示してくれた。
二次予選で負けたとはいえ、決勝に行けたのは投手陣がふんばって最小失点差に押さえていたからだ。モンテも1分2敗で現在ブービーの12位ではあるけど、いずれも最小失点差。
今日の敗戦も私がWBCにうつつを抜かしたからだ。すまん。
まだまだこれからよ!

ただ、キャンプテン無しでどうやって今のチームをひとつにまとめるのだろう?

|

« F1 ルノーの成熟 | トップページ | WBC 子供たちにもうひとつの夢ができた »

モンテディオ山形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9193502

この記事へのトラックバック一覧です: モンテとWBC すまん、集中が足りなかった:

« F1 ルノーの成熟 | トップページ | WBC 子供たちにもうひとつの夢ができた »