« 脅威と恐怖の新人あらわる | トップページ | 堂々と胸を張って »

2006年3月14日 (火)

WBC 男は黙って・・・

・・・サッポ○ビール とか、武士は喰わねど高楊枝 とか、事の理不尽さにわめくことなく高潔な心意気を美徳としていた時代もあった。
今の「NOと言えよ日本」みたいな風潮に優柔不断な私は、どっちがいいんだよって戸惑うことが多々ある。

昨日のWBC日米対決もそうだ。タッチアップの誤審に対し、
「間違いは間違い、ボイコットも辞さず徹底的に抗議すべきだ!」なのか
「ここは我慢して、その悔しさをバネに二次予選を突破し、再度米国と対戦しリベンジを果たそう」
どちらがいいのか判断に迷う。

 とはいえ、このWBCそのものが審判が32人のうち半数以上の22人が米国人であり、米国の試合にも米国の審判を起用するなど、サッカーW杯では考えられない大会だというのがわかった。
 米国がドミニカ、キューバ、プエルトリコといった強豪チームと別グループになったことなどをみても、WBCとは名ばかりで「自分とこさえ勝てば、それでいいんかい!」と怒りたくなるような、いつものダブルスタンダードを突きつけられた感じだ。

 日本がファインプレーの連続で、米国の力に対し技で堂々と戦っていた良いゲームだっただけに残念。私なんかそれ以上に、日の丸のユニフォームを着ている王監督に感慨深いものを感じていた。エースで4番と獅子奮迅の活躍をしていたのに国体出場をあきらめざるおえなかった高校時代の話を聞いたことがあるからだ。
イチローはじめ多くの選手や野球人の、夢や思いが凝縮して産まれた日本チームだった。

 米大リーグは観客数の減少が危惧されて久しい。
 オリンピックから野球がはずされた事もあって、世界大会を開催しようという意図は理解できる。そのために日本も努力したし、選手たちもがんばった。

 そこで思うのが松井選手だ。
 WBCに出る出ないは個人の考えで、彼を否定しようとは思わない。
 ただここで日本の4番にいてくれたらなーと、”昨日まで”は思っていた。

 米メジャーの観客数減のひとつに、外国人選手の氾濫もあるという。
 もし昨日、松井がホームランを打って日本が米国を粉砕していたらどうだろう。
 益々、観客は離れてしまうのではないか。
 もしかしたら松井はそれを心配して出場辞退を選択したのだったりして・・・。

 日本の国技である相撲に置き換えてみる。
 やはり相撲人気が落ちてきているから、ここはひとつ世界大会を開いて盛り上げてみようじゃないかと開催したら、日本はかろうじて決勝トーナメントにはあがれたものの、決勝、準決勝は外国チーム対決になった。そして益々、相撲人気は・・・みたいな。。。

 話を元に戻して、、、初めての日米ガチンコ対決。それも息詰まる好試合。
 やっぱ野球っておもしろいなー!と思い直した矢先の「誤審判」

 こんな大会だったの!?と、早急に結論づけずに、もう少し見守ってみよう。
 もしかしたら、大会の思惑を超えて、選手達ががんばり、野球本来のおもしろさを私たちに示し、野球回帰を促してくれるかもしれない。

 日本の野球一筋できた人たちはどう思っているのだろう。
 SEPPO君の意見を聞きたいところだ。

|

« 脅威と恐怖の新人あらわる | トップページ | 堂々と胸を張って »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、こんなことあってはならないね。
野球ファンの子供たちも見ているんだもの・・・
王監督が言ったとおり「野球がスタートした国でこんなことがあってはいけない」まさにその通り!<`~´>
やっぱり第三国の審判で対応しなければならないでしょうね。

これまでの私の野球人生の中でも、判定が覆ったことは
一度もありません。明らかにおかしいと思っても・・・

私が高校野球で活躍していた頃・・・(^_^;)
県大会であの甲子園で活躍した鶴商学園の君島投手と
対戦しました。
(私の32年間対戦した投手の中でナンバー1だと思う)
その時の主審が村○市の審判。高めのとんでもない
ボールもストライクをとってしまう。
(高めのボールがのびてきてストライクに見えたとか・・)
その後、その方は大事な試合では二度と主審をしませんでした。

だから、今日のメキシコ戦であの審判が1塁塁審をしていたことにビックリ!
何なんじゃこれは!ですね。
この大会はアメリカのための大会じゃないんだぞぅ!!

輝さん、韓国が米国に勝っちゃいましたね。
李承ヨプ、ホームラン5本!
ジャイアンツでも打ってくれよな!!
それにしても、清原の打率低過ぎ。頑張ってくれよ。
(オレも50才まで頑張るから・・)

輝さん、明日中学校の卒業式だよ!
祝辞まだ考えてないよーー (^_^;)


投稿: せっぽ | 2006年3月15日 (水) 10時33分

だよね。

少年野球の指導にも影響与えちゃうと思ったんです。
「文句言ったもん勝ち」「文句は言ってみるもんだ」みたいな風潮になったら、どうしようもないもの。

今日のメキシコ戦は胸のすく勝利でした。

王監督のコメントは、ホント「名言」でしたね。
その心理的影響が昨日の韓国戦に表れたような気がします。
日本の監督が、人格者王監督であって本当に良かったと思います。

>鶴商学園の君島投手
なつかし~。
あれ?んじゃ、この試合を”ちゃんとした”審判でやってたら、甲子園だったのかな?
そりゃ、悔しいね。

卒業式祝辞、統合された3校の会長の分まで、がんばってください。
と、微妙なプレッシャーかけたりして・・・(笑)

投稿: TERU☆ | 2006年3月15日 (水) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9084035

この記事へのトラックバック一覧です: WBC 男は黙って・・・:

« 脅威と恐怖の新人あらわる | トップページ | 堂々と胸を張って »