« モンテとWBC すまん、集中が足りなかった | トップページ | F1 小粒でもピリリと辛いコスワース »

2006年3月22日 (水)

WBC 子供たちにもうひとつの夢ができた

幼稚園前から巨人ファンであった私。
たぶん「巨人100番」という漫画を見たからだと思う。
父は太洋@現横浜、兄は阪神ファンなので、んじゃ違う球団を応援しようと思ったのだろう。
「巨人の星」じゃなく「巨人100番」なのが歳を感じるなー(笑)

ただここ数年、応援しててもどうしてもその上に某氏のメガネをかけた顔が浮かび、さらに金に糸目を付けず強力打線を組む姿勢に引いてしまっていた。一番欲しいのはクローザーなのに。
原監督から堀内監督になった経緯も釈然とせず、以後、巨人戦は勿論、野球中継を見なくなった、という、まさに最近の巨人離れ・野球離れを絵に描いたような私です。 (ちなみに野球の経験は、軟式だけど会社や町内チームでのモーニング野球を20年ほど)

WBC今回の米国チームは、ビッグネームを集めたいわば巨人みたいなチームだった。
オールスターに出場するノリで登場し、韓国や日本そしてメキシコの目の色替えて臨んでくる姿勢に、あれ?と気づきはしたものの最後までゆるんだ気持ちを戦う気持ちに変えることまではできなかったようだ。

私もホームランバッターを並べるより、王ジャパンのような機動力のある活き活きしたオーダーの方が好きだ。 柴田-高田の1・2番コンビのような・・・。

韓国戦に敗退した時、多くのブログでは、こんな大会でる意義がない、とか、もう帰ってしまえとか言われていた。

でも本当にこれが実現する素晴らしい大会となった。

こんな大会だったの!?と、早急に結論づけずに、もう少し見守ってみよう。
もしかしたら、大会の思惑を超えて、選手達ががんばり、野球本来のおもしろさを私たちに示し、野球回帰を促してくれるかもしれない。

何より良かったのは、野球小僧たちに、もう一つの大きな夢ができたことだ。
明日から始まる高校野球も、注目を集めることでモチベーションが上がりいっそう好試合が期待できるだろう。

■ひとつ、私の素朴な疑問

イチローは韓国戦の後、どうやって帰ったかわからないくらい痛飲したというけど、よくそれで二日酔いになんないよなー。私だったら翌日の夕方暗くなるまでは死んでるはずだ。
決勝まで、中2日あって、本当に良かった。
アメリカの仕組んだ魂胆を、見事に日本が逆手にとって利用しちゃったね(笑)

|

« モンテとWBC すまん、集中が足りなかった | トップページ | F1 小粒でもピリリと辛いコスワース »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9203156

この記事へのトラックバック一覧です: WBC 子供たちにもうひとつの夢ができた:

« モンテとWBC すまん、集中が足りなかった | トップページ | F1 小粒でもピリリと辛いコスワース »