« WBC 男は黙って・・・ | トップページ | カレーにソース »

2006年3月15日 (水)

堂々と胸を張って

太田渉子ちゃん、パラリンピック・バイアスロン女子7.5キロ立位、6位入賞おめでとう。
12.5キロの銅メダルに次いで、堂々の入賞。最年少選手の快挙、そしてそのがんばりに、こちらまで清々しい気持ちになってくる。

WBC日本チームもメキシコに快勝。
すごく気分がいいね。

昨日・・・「もしかしたら、大会の思惑を超えて、選手達ががんばり、野球本来のおもしろさを私たちに示し、野球回帰を促してくれるかもしれない」と書いたが、まさしくこのところ遠ざかっていた野球に対して、興味が戻ってきはじめている。

これで明日3チーム2勝1敗で並んだらどうなるんだ?と思って調べたら・・・
【1)勝敗(2)失点率(3)防御率(4)打率、最後は(5)くじ引き-の順】になるようだ。
そうだよな、サッカーと違って得失点差で野球は語れないものなー。
この方式でも難しい面はあるけど、なにせどうにかして順位を決めなくちゃならないんだから、これでもしょうがないのだろう。

「失点率」ということは現時点では米国より日本の方が優勢ですよね。
ま、勝ったらの話ですけど。
韓国戦は2-1とか3-1で勝って欲しいな。

こうなると、ちょっと米国選手たちが可哀想になってきた(笑)
試合をやってた選手には何の落ち度もないんだものね。
抗議したのは監督だし(キャッチャーは確認を要求したものの線審のセーフに引き下がった)、覆して誤審したのは球審だし・・・・。
選手達は勝っても胸を張れないばかりか、その負のメンタル面を引きづったまま韓国戦を迎え、試合に影響したように思える。

「米メジャーの本当の力も見たいし、日本も負けてほしくない」
難しい第3戦になってきた。

勝っても負けても、日本チームは、堂々と胸を張れる試合をしてくれるだろう。

どうなるにせよ、この日本チームは太田渉子ちゃん同様、萎縮することなく持てる力を存分に発揮していて、すごく好きになってきた。

■あ、わ~い、今、渉子ちゃんの応援に行ってきた甥から、おみやげのトリノのチョコレートもらっちゃった~ぃ。んまそー。

|

« WBC 男は黙って・・・ | トップページ | カレーにソース »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/9102526

この記事へのトラックバック一覧です: 堂々と胸を張って:

« WBC 男は黙って・・・ | トップページ | カレーにソース »