« 一雨ごとに近づく春 | トップページ | 日本三大TERU »

2006年2月 9日 (木)

ベルギーGPの衝撃と哀愁

 緑の中を走り抜けてく真っ赤な○○○○♪
 この歌を聴く度に、私はスパ・フランコルシャンに思いをはせていました。
 古くてごめんね。

 緑深い森を一層幻想的に醸し出すスパウェザー。
古くはロータリークーペの活躍、そして近いところではハッキネンのぶっち抜き。
思い出しただけでも興奮がよみがえります。

 そしてなんといっても「オールージュ」
SPA  ここを駆け上がった先は平坦なんだけど、坂で前が見えないため、初めはジャンプ台のような恐怖を感じるという。そこをドライバーは全開で”飛ぶ!”  真にドライバーの度量と技量が試されるのでした。

 今日、このベルギーGPの本年度開催取り消しの報を知った。
 観客にもドライバーにも最もエキサイティングと言わしめたこのコースでのF1が観られなくなったのは、単に1レース減ったという膝カックンのような残念さではなく、悲しささえ覚えます。
 2007年には、コース改修を済ませ復活させるとのアナウンスもあるので、それに期待しましょう。

 オールージュがひときわ愛おしいのは、今は無き富士スピードウェイの30度バンクから須走落としへ続くあの光景が重ね合うからかもしれませんね。

|

« 一雨ごとに近づく春 | トップページ | 日本三大TERU »

F1」カテゴリの記事

コメント

ベルギーGP、本当に残念ですね。数あるサーキットの中でも一番エキサイティングで面白味のあるコースでしたよね。セナが得意にしていたコースでもあり、ミハエルの初優勝もここでした。オールージュ、一度でいいから掛け上ってみたいなあ。F1のもの凄いパワーの為にこの坂に差し掛かるときにシャーシに曲げ応力がかかり撓んでしまい、腹をこすった後がついていますよね。いかに凄いコーナーなのか想像できますよね。蔵王の横倉の壁みたいな感じかな(下る坂なので逆だけど先が見えないというところでは似てるかも)。コース設備改修の為とか、プロモーターの問題とかあるらしいですが、来年は是非開催してもらいたいです。ベルギーといえば、ビールの美味しいのでも有名ですよね。魅巣亭にありましたっけ。マスターにリクエストでもしようかな。
ところで、いつもコメント覧に投稿するとダブルで表示されちゃうんですが、どうしてでしょう。このコメントが1回で済めばいいのですが。因みに私のPCはマックです。

投稿: pino | 2006年2月 9日 (木) 22時59分

ウイングを逆さにつけたら間違いなく飛べますね。
菅生の最終コーナーの勾配もきついですが、菅生はほぼ直線なのに対して、オールージュはカーブですからね。強烈なGとダウンフォースで、首を鍛えてなければ失神してもおかしくないです。
私たちなんかカートでもけっこうきますもんね(笑)
2度UPの件、なんででしょうね?とりあえず重複削除しときました。
「確認」と「送信」と2つのボタンあるのが、なんか関係あんのかな?
niftyの仕様なのでよくわかりませんが、私はいつもいきなり「送信」してまして、それだと2度UPなんないみたいです。

投稿: TERU☆ | 2006年2月10日 (金) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8577192

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーGPの衝撃と哀愁:

« 一雨ごとに近づく春 | トップページ | 日本三大TERU »