« 笑っちゃだめ | トップページ | ネチケットって今や死語? »

2006年2月17日 (金)

失うものは何もない

トリノ。
ハーフパイプの選手も認めているように、世界との開きは確かにあった。
マスコミにあおられ、私もメダルは数個取るんだろうなーと、根拠もなく思ってた。

フィギュア女子もメダル独占か?とかあおっていたので、、期待は捨ててないが、もうここまできたら、とにかくメダルどうのこうのじゃなく、めいっぱいいってほしい。

モーグルやHPそして男子フィギュアなどを見ても思うのは、日本のどの選手もメダルを意識しすぎて、極限の技を出すリスクと無難にまとめて高得点を狙う意識が、中途半端に定まらないままスタートしちゃってる気がする。
勝負だから駆け引きは当然あるのだろうが、すべて裏目に出てる。
”大局観”は試合を通して培われるものなので、一発勝負のオリンピックの難しさはそこにあるのだろう。

そう思ってたところで、安藤選手の「失敗してもいいから夢の舞台で4回転を」と決めているインタビューを聞いた。
実は、あまり期待してなかった。(ごめん)
でも、この心を固めたコメントを聞いて、期待は高まってきた。
でも期待しすぎるとかわいそうだから「いいね、いいね~」くらいにしとこう。

当たって砕けろ。 失うものは何もない。
それより、どんなことがあっても吸収できる”若さ”が最高の武器だ。

もし、当たって砕けたら・・・
「よし、今日はこれくらいにしといたろう」と、吉本風のギャグを一発かませばいい。

期待している。 <どっちに?  ・・・・・んん~、どっちも(笑)

|

« 笑っちゃだめ | トップページ | ネチケットって今や死語? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8706154

この記事へのトラックバック一覧です: 失うものは何もない:

« 笑っちゃだめ | トップページ | ネチケットって今や死語? »