« かんちっ | トップページ | 今さらALWAYS »

2006年2月 6日 (月)

過酷な試合日程(JもVも)

 毎年、モンテの今期試合日程が発表されるとすべて手帳に書き写すんだけど、F1も記入してるので、すでにスケジュール表は黒くなってる。
「増えたなー」改めて今期試合数の多さを実感し、過酷だなーと思うのですが、パイオニアのVリーグも毎週1~2試合をこなしているので、このところ疲労の蓄積による故障や体調不良者が続出している。
「層の厚さ」がチーム力であることにはサッカーもバレーも変わらないが、出場人数が少なく、引き分けの無いバレーボールの場合は、ある意味サッカーよりも、層を厚くなおかつ高くしなければならないのかもしれない。

 昨日、NEC戦にあわせ帰ってTV観戦したが、栗原の体調不良に加え、佐々木が腰痛とそれをかばっての?腹筋の痛みをかかえ、アタックにいつものパワーや切れを欠いていた。
 腰椎って腹筋と背筋に支えられているので、どちらかをかばおうとすると反対側も痛めてしまうんだよなー。椎間板ヘルニアを手術した経験のある私は、佐々木の辛さは文字通り身にしみて(骨の髄まで)わかる。
 それでも、ファイナル進出のための4強入りにはもう負けられない、ましてホームで気合い入りまくりの昨年の覇者NECに対し、2セット失い追い込まれた劣勢の中、栗原のサーブと、チームの精神的支柱として最後までコートに立った佐々木の根性で、フルセットの末NECに引導を渡し、パイオニアは4強入りを決めた。
 ふたりの顔に出さない強さも素晴らしかったが、それじゃあ私がとばかりここ一番で目をひく活躍を見せた多治見も偉いっ! ちなみに内田も前髪をちょっとアップにして気合い入ってた。

 本当は4強を決めたここらで佐々木にはじっくり休んで養生して欲しいところなんだけど・・・。
 4強といっても変則決勝ラウンドなので、2位以上になっていたい。
 そのため来週・再来週の試合は、決勝ラウンドを見据え体調を考えての総力戦になると思うが、セリンジャー監督の采配に期待する。昨日も、試合中でも絶妙なローテーションワークを見せるセリンジャー監督に、NEC吉川監督も対抗してきたが、一歩セリンジャー監督が上回ってた。

|

« かんちっ | トップページ | 今さらALWAYS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8531711

この記事へのトラックバック一覧です: 過酷な試合日程(JもVも):

« かんちっ | トップページ | 今さらALWAYS »