« ライブドアショック | トップページ | ミノルタ・・・ »

2006年1月19日 (木)

夢と現実、F1と家庭崩壊の関係

 こんな記事が目に入った。 「家庭生活を崩壊させるF1」

 う~ん、古くて新しい問題だなー。
 ドライバーは勿論、クルーまでも華やかにみえるF1サーカス。
 でもそれは舞台裏での泥臭い汗と努力によって成り立っている。
 そこには家庭を考える余裕はない。
「夢と現実」当事者にとっては切実な問題。

 ちなみに昔の私の職場も独身比率は高く、うまくいってる家族とバツ1+α組は半々?だったような・・・。
 帯同しているメンバーはもちろん工場で勤務してるメンバーも、日々同じレースをしてるようなもの。特に私の設計セクションは土日どころか昼夜もなかった。でも夢中だったので、毎日が凝縮した日々ですごく充実してた。

 労働基準もへったくれもなく、帰っても深夜でTVは砂嵐だけ。世間とはまったく隔離された空間生活だったので、流行の歌も歌手もわからなかった。でもそれでいいと思ってた。
 ただ困ったのは女性との会話。共通の話題が無いんだもの(汗)
 もしかして”オタク”の元祖かも。

 うまくいったとしても熟年離婚をきり出されるのは避けられなかったかもなー。
 あ、それは、今でもないことないことないか・・・。。。

|

« ライブドアショック | トップページ | ミノルタ・・・ »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8231699

この記事へのトラックバック一覧です: 夢と現実、F1と家庭崩壊の関係:

« ライブドアショック | トップページ | ミノルタ・・・ »