« 会費振り込み | トップページ | モンテと本田美奈子 2 »

2006年1月21日 (土)

説明責任(地元ネタです)

 村山市前市長汚職事件に対して、新市長は当初より内部調査する必要なしと言っていたもののマスコミや市民の声?にあおられ、しょうがなく?聞き取り調査を実施しました。
 しかし公表されたのは、抽象的な報告のみに終わり、とうてい市民に対して説明責任を果たしたとはいえない内容

 マスコミの質問にも、資料以上の回答はなく、それで理解してくれと言われても理解できないから質問してる訳で、、、結局、市長が途中で憮然と席を立っちゃった所までTV放映されてしまいました。。。

 全員協議会の模様もTV放映されていましたが、その後の報道と照らし合わせると、市長報告に対し、全員協議会で質問意見した市議は共産党の市議たったひとりだった模様。

 ということは市長のみならず発言しなかった市議は全員、この報告でOK。もう調査も必要ない、事件は幕引きという認識なのでしょうか?

 本当に市政の浄化をめざそうとする市議さんもいらしゃるはず!!
 どうか、会派やしがらみにとらわれず、言うべき事は言ってほしい。

 今回の事件も根にあったのは、悪の温床は存在する「それは仕方ないこと」という風評。今回、またまた上っ面の報告だけで事を済まそう、蓋をしようとするのだったら、悪の温床どころか「悪の風土」となって地に根付いてしまわないでしょうか。

 黙ってる方が角が立たない。色々あるんだべー。言ったってしょうがない。

 市長や市議だけじゃなく、こう思ってる我々市民がそういう土壌を造り上げているのだとしたら、また何年か後には繰り返してしまう、というか事実、この事件は繰り返されたもの。

 事件に関係なく日々市民のために職務にあたっている市職員も、市長権限で強要されたとはいえ今回処分された職員と同じグレーな目線で見られることはかえって辛いことでしょう。

>このうえは、本事件の経過と結果を的確にとらえ、更にはこのような事件
>に至った背景を詳細に分析し、市職員による自浄と再発防止に向かって全
>力で対応してまいります。

「背景の詳細な分析」の報告、まだ期待は捨てずにして・・・いい・のか?

|

« 会費振り込み | トップページ | モンテと本田美奈子 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160576/8260489

この記事へのトラックバック一覧です: 説明責任(地元ネタです):

« 会費振り込み | トップページ | モンテと本田美奈子 2 »